ソロキャンプを雨の日にタープなしで楽しみたい!便利な道具の紹介

趣味

雨の日にソロキャンプをした経験がありますか?

タープなしでも雨のソロキャンプを快適に過ごすことができます。

こちらでは、タープなしでも雨のソロキャンプを充実させる道具を紹介していきます。

雨の日のキャンプって大変ですよね。テントに雨が染み込まないようにシートやタープなどさまざまな道具が必要になります。

ぬれたテントやタープを乾かすのがとにかく面倒くさい。天気のいい日にしたい!できることなら雨の中は避けたい。

それでも、天気のことはどうしようもありません。せっかく予定を入れたのに諦めるのはもったいないです。

タープなしで雨でもソロキャンプを楽しめる必要な道具を見ていきましょう。

ソロキャンプを雨の日にタープなしで楽しむ方法を紹介

雨の日のソロキャンプではタープがないと楽しめない。と思われている方も多いと思います。

しかしちょっとした工夫で予想以上に快適に過ごせます。どのような工夫が必要なのでしょうか?見ていきましょう。

前室のあるテントを使う雨のソロキャンプ

前室とは、靴やリュックを置いたり簡単な調理をしたりできるスペースのことです。雨が降ってもタープなしでテントの外で過ごすことができます。

そんな便利な前室付きテントのメリットや選び方について紹介します

前室付きテントのメリット
  • 設営や撤去が楽
  • テントの室内を広く使える
  • プライバシーが守られる

上記がメリットのようです。1つずつ見ていきましょう。

<設営や撤去が楽>

タープなしでテントのみを使えば、設営や撤去をする手間が減り、ずいぶん楽になります。

雨が降っていると外での作業は一苦労なので非常に助かります。ソロキャンプは一人で作業するので手間をかけずに設営したいですよね。

空いた時間を調理や焚き火など他のことに使い、有意義な時を過ごせます。

<テントの室内を広く使える>

キャンプには着替えやテーブルなど多くの荷物を持っていきます。ソロキャンプ用のテントだと室内がせまいことも多いでしょう。

前室に荷物を置けば、テントの室内の荷物を減らすことができ、広く使うことができます。

<プライバシーが守られる>

キャンプ場には多くの人が来ます。人目を気にすることなく風を感じたり外で作業をしたりしたいと思います。

そんな時に前室があれば、周りの視線を気にしないプライベート空間の確保ができます。

前室つきテントのメリットは十分に分かりました。

でもどうやって選んだらいいんだろう?と疑問に思いますよね。

次に雨のソロキャンプに役立つ前室つきテントの選び方を紹介します。

ソロキャンプをする際の前室つきテントの選び方
  • テントの種類
  • テントの重さ
  • 設営が簡単さ

上記のことに注目して選んでみてください。

<テントの種類>

  • ドーム型
  • ワンポールテント
  • パップテント

上記のようにテントの種類は主に3つあります。ひとつずつ解説します。

・ドーム型
支柱になるポールを立てないので設営が簡単です。初心者におすすめのタイプです。

・ワンポールテント
とんがり屋根が特徴のテント。デッドスペースが周囲にできますが、おしゃれにこだわりたい方にはおすすめです。

・パップテント
開放的で野営のようなキャンプが楽しめます。キャンプ上級者にも人気のタイプです。

<テントの重さ>

あまり重すぎると持ち運ぶだけで一苦労なので、できるだけ軽いものがいいですよね。登山用は軽量化されたものが多いので是非使ってみてください。

<設営の簡単さ>

設営が簡単なのはポップアップテントです。設営方法は、収納袋から出してひねりを解くだけです。ワンポールテントも楽に設営できます。

形や特徴をみてぴったりのテントを探してみてください。

ここまで便利な前室付きテントですが、後付けできるのでしょうか?

前室がついていないテントを買ってしまったけれど、そんなに便利ならつけてみたいと思いませんか?

残念ながら、後から前室は付けられないようです。多くの方は手作りしているようですね。

初心者の方は初めから前室がついているテントを買った方がいいかもしれません。

ブルーシートを使う雨のソロキャンプ

タープなしでキャンプをするなら、ブルーシートを使うというのも一つの手です。

一枚の布のような形なので、テントの上に張ったり荷物を包んだりというように様々な使い方ができます。雨を防ぐのにちょうどいいアイテムです。

持ち運びも折りたたんでしまえば場所をとらず、軽いので便利です。あくまで一時避難用として使いましょう。

耐水圧の高いテントを使う雨のソロキャンプ

耐水圧とは、どのくらいまでテントが水圧に耐えられるかを表しています。

mmで表記し、数値が大きいほど高い水圧に耐えられるということを意味します。

では高ければいいかというとそんなことはありません。

雨の日だとテントの中が蒸し暑くなる、また結露しやすいという難点もあるため、適切な耐水圧のテントを選ぶ必要があります。

山岳モデルの耐水圧は1000mm~2000mmであるため、そのくらいのモデルがちょうどいいでしょう。

まとめ

  • 雨のソロキャンプはタープなしでも快適に過ごすことができる
  • 雨のソロキャンプでは前室つきテントを使う
  • 雨のソロキャンプではブルーシートが便利
  • 雨のソロキャンプでは耐水圧の高いテントを使う

タープなしで雨のソロキャンプをする方法はいくつもあります。

安全性を第一に、手軽な荷物でタープなしのキャンプを楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました