習い事の送迎は疲れる!頑張る保護者へ負担軽減やサービス利用の紹介

子供

お子さんの習い事の送迎は疲れる事が多いですよね。そんな頑張っているママさんに朗報です。

送迎の負担を軽減させる方法やサービスを利用することで解決ができますよ。

習い事は兄弟で時間や曜日が違いますし、まだ赤ちゃんがいるご家庭だと連れていかなければなりません。

しかも、習い事の送迎中に赤ちゃんがぐずったり、お子さんがかんしゃくを起したりするときもあります。

その中での習い事の送迎は、ママにとって「疲れる」の一言ですよね。

ママ達は送迎以外にも毎日する事が沢山あります。家事や人付き合いに親戚付き合い。

働いている方は仕事もありますし、毎日がフル回転です。

習い事の送迎で疲れる原因は何なのか?そんなママの応援に対策をご紹介します。また、送迎サービスを表にまとめました。

送迎に忙しいママさん、ちょっと贅沢な冷凍食品に頼ってみませんか?

子供に大人気であるハンバーグの冷凍食品です。しかも無添加なのが嬉しいですよね。

送迎の疲れも美味しいハンバーグで癒やされますよ。

習い事の送迎で疲れる事を少なくしよう!小さい子供編

習い事の送迎は送り迎えの他にもいろいろする事がありますよね。その為の対策を事前に考えておくと便利です。

習い事の送迎にまつわる問題は場所が遠方であったり、まだ年齢が小さかったり、一度帰るには時間の余裕がなかったりと様々です。

それぞれ習い事の、問題となる事に対策を立て取り組んでいくと、物事がスムーズに進みストレスも軽減されるのではないでしょうか。

それでも疲れる時はパパやママの実家にお手伝いを頼んだり、お友達と送迎のシェアをしてみたりなども良いと思います。

送迎サービスや家事代行サービスの利用も「疲れる」の負担を軽減させる方法の一つですよね。

疲れる事を減らして「元気なママ」になると、お子さんたちもよろこびますよ。

習い事の「疲れる」送迎ストレスとは?大変さを考える

習い事の送迎は送り迎えの他に、家事育児、時間の調整やお友達と考える事が沢山あります。

お子さんに楽しく習い事に通ってもらいたいママ達ですが、大変なのも確かですよね。

習い事の送迎問題の負担を軽減させられる対策を考えてみました。

送迎問題の対策
  • 食事は作り置きや冷凍食品、一品料理を具沢山にする。もしくは外食にする。
  • 習い事を保育園や幼稚園で行っているところにする
  • 土日の習い事にする
  • 送迎サービスや家事代行サービスをうまく使う
  • 習い事先は自宅の近辺で探してみる
  • お友達がいたら送迎をシェアするか、実家や義実家にお願いする
  • 待ち時間を買い物に利用する
  • 待ち時間をリラックス時間に変えてカフェなどでゆっくりする
  • 待ち時間に下の子の相手をじっくりとしてあげる時間にする
  • 駐車場問題は教室の近辺、もしくは停めやすい所を見つけて事前に子供と打ち合わせしておいてすぐに乗り降り出来る様にする
  • お迎えの時はキッズケータイや通話できるGPS端末などで連絡を取り合い待ち合わせする
  • 自転車での送迎は止められる場所などを教室の先生に相談する
  • 習い事の観覧はどうしても嫌なら送迎だけにする
  • 自分の友達や身内を連れて観覧する

お子さんたちに習い事を長く続けてもらうためにもママ達の負担を減らしましょう。

けれど、子供を応援していきたいのに送迎に疲れる。では何が疲れる原因なのでしょうか?

<家事育児の時間の調整が難しい>

送迎を夕飯の支度途中で行かなくてはならなかったり、夕飯時間に重なったりして食べさせるのが遅くなったりします。

赤ちゃんがいればミルクや寝かせる時間など時間の調整が難しいですよね。

習い事で留守にしている間の時間のせいで滞る家事もあります。

その他、働いている方は送迎を優先してしまう事が多い為、家に残っている家事は帰ってからしなくてはなりませんよね。

<共働きで習い事の送迎が難しい>

子供の習い事は平日の夕方が多く見られます。フルで働いているママ達には難しい問題です。

特に、小さいお子さんだと付き添い問題もでてきますよね。

<習い事の場所が遠いところにある>

習い事を始める時、お友達に誘われたり、テレビやネットを見てお子さんがやりたがったりします。

その他、親御さん自身が始めさせるなどのいろんな理由があると思います。

そのきっかけにより、とても遠い場所に通うことになると移動時間が長く、送迎だけで終わってしまいます。

<待ち時間の無駄>

習い事の時間は種類にもよりますが、30分~1時間位です。

1時間程度はすぐに時間が経ってしまうので、一度帰るか、そのまま待っているかで悩みますよね。

乳幼児を連れていたら移動が大変ですし、移動時間が長ければ帰ってもすぐにお迎えにいかなければならなくなってしまいます。

<駐輪や駐車場のスペースが乏しい>

習い事の教室には駐輪、駐車場など無い所が多く、入口が人通りや車の往来が激しい場所に面している事が多いですよね

何度も周回したり、路上駐車の中で待ってみたりするのもハラハラして落ち着きません。

また、駐車スペースが少なければ他の保護者さんたちとの折り合いも気になります。

<お友達と一緒>

仲のいいお友達と一緒の習い事は子どもにとって楽しい時間の一つになってとても良いことですね。

けれど、通い始めの時は仲が良くても何かのきっかけでこじれる時があります。それも解決しにくい問題です。

また、子供同士が仲良しでも親同士は……という事もあるかもしれません。

親同士の問題は習い事の送迎時だけの問題にすることもできますが、子供同士は習い事の間、拘束されてしまうので心配は尽きませんよね。

<ほかの保護者とのお付き合い>

近場の習い事や数の少ない習い事だと、幼稚園や保育園、学校などの知り合いに思いもよらず一緒になってしまう事があります。

その習い事が観覧する必要があったら、気まずいまま観覧席に座るというとてもストレスのたまる出来事ですよね。

しかし、それはそれとして可愛い我が子が頑張る姿や、動画を撮って後で参考にするのも楽しみの一つになります。

無理はよくありませんが、長く通うと自然と顔見知りになり会話も増えます。

他の保護者とのつながりができると、メリットも沢山ありますよ。

知らない我が子の姿や地域や教育、学校のネットやお知らせでは得られない情報も拾えます。

ママ同士のおしゃべりでストレス解消やアドバイスをもらうなど楽しいことも出てきます。

煩わしいや苦手という意識にとらわれずにチャレンジしてみると視野も知り合いも増えていきます。

習い事の送迎に連れていく小さな子供や赤ちゃん達

お兄ちゃんお姉ちゃんの習い事に連れていかなければならない小さい下のお子さん。

家には置いていけないので連れていくことになりますが、赤ちゃんであれば抱っこひもで連れていくのは大変です。

時間によっては食事やミルク、送迎の途中で寝てしまうなどなかなか都合よくいかないものですよね。

連れていかれる下の子も、つまらなかったり疲れたりとグズグズしてしまいます。

一日の習い事の回数や種類が多い時、パパやママの実家に事前に連絡をして預かってもらいましょう。

他に、ベビーシッターにお願いするのはどうでしょうか?

毎日あちこちと連れていかれるより、たまにはおばあちゃんの家で遊ばせてあげた方がグズグズも減って後の作業もスムーズです。

送迎で忙しい日は手の込んだメニューは敬遠しがち。ハンバーグって面倒ですよね。

それが、無添加のハンバーグを食べれるなんて、子供だけでなく大人でも嬉しいのではないでしょうか。

送迎も疲れますが、お子さんも習い事を頑張っています。ご褒美にハンバーグの晩御飯もいいですね。

習い事の送迎はいつまで?小学生から1人で行く準備を!

習い事の送迎をいつまでするのか考えてしまいますよね。

子供は成長に伴い、1人で行動できるようになり、行動範囲が広がります。

また、兄弟間の習い事では、それぞれの管理が必要となってきます。

そして、中学生になると習い事も様変わりして、いつまでも習い事の送迎をしなくてもすむようになります。

それぞれの成長で状況も変わってきますが、それに対応してかかる費用も増減します。

先の事を考えて計画をたてておくことをおすすめします。

けれど、逆に言えば1人で行く習い事にキッズケータイを持たせたり、兄弟の習い事の送迎を管理したりはいつまでできるのでしょうか。

あっという間に中学生になり、習い事の送迎をいつまでするのかと考えていたのが懐かしくなるかもしれませんね。

さて、お子さんの習い事は成長により対応や状況が変化していきます。それを段階ごとに紹介していきます。

習い事を1人で行かせる為の安全確保と解決策を紹介

小学生になると自転車に1人で乗れる様にもなり、お友達の家に行ったり、公園に行ったりと1人で行動できるようになってきます。

すると「1人で習い事に行けそう」と考えますよね。

けれど、実行しようとすると「心配性」がムクムクと顔を出してきます。

では、子供をなるべく安全に行かせるにはどうしたらいいのでしょうか?

  • 習い事が一緒の近所のお友達がいる
  • 時間帯が遅くない
  • 通学路など知っている道を使う
  • 何かあったら「子ども110番」の家の人に相談する。もしくは駆け込む
  • 行き帰りの道順、危ない所、気を付ける事など一緒に歩いて確認させる
  • キッズ携帯、子供用GPS端末や防犯ブザーを持たせる

など、いろいろ対策がありますが、とても大事な前提があります。

ご自身のお子さんは、「1人で行動させた時、安全を考えられる子供だと思えるか?」です。

やはり「1人で習い事」は心配だと断念してしまうなら、実家や義母にお願いや、シッターさんなど送迎サービスを利用しましょう。

他にも利用できるサービスが沢山ありますので「1人で習い事」の応援に役立てましょう。

習い事で疲れるのは兄弟で種類や時間帯が違う為

子供の習い事は大きくなるにつれて数が増えてしまいますよね。

兄弟姉妹間で必ずしも同じ習い事とは限らないので、スケジュールを把握しないとママもお子さんも困ってしまいます。

習い事で観覧や付き添いがあれば家事のやりくりを考えないと帰った後が大変です。

その他、発表会や大会があれば荷物や準備もありますし、テストがあればお子さんに忠告しないといけません。

そのためにはスケジュールを管理する必要があります。

けれど、管理はママ1人では大変ですし、パパを含めお子さん達も皆で協力するようにしましょう。

リビングなど皆が集まるところにスケジュール管理のカレンダーを張っておくのもいいかもしれないですね。

習い事を中学生で整理して将来の費用を計算しよう

中学生になると部活動などを始めるお子さんが多くなるため今までの習い事をやめて、予備校や学習塾に通うことが多くなります。

小学生との大きな違いは習い事が定期テストや受験に向けての学力中心になってくることです。

部活動は放課後なので今までと同じように習い事には通えません。ゆえに、習い事の代わりになり費用の負担も少なくなります。

そればかりか部活動をする事によって、先輩との上下関係や集団行動なども学べます。

それらの理由でお子さんが中学生になる時期にそれまでの習い事を整理するご家庭が多いようです。

習い事も学習塾も費用がかかってきますのであらかじめ計算をして、計画をしっかり立てておきましょう。

一般家庭でかけられる習い事の費用の平均を出してみましょう。

  • 年収×0.1~0.15-子供の学校(幼稚園や保育園)年間費用=習い事の年間費用
  • 習い事の費用÷子供の人数=1人分の習い事にかけられる費用

ですが、習い事の費用は送迎時にかかる諸費用や発表会などレッスン代以外にもお金はかかります。

その他、予備校や学習塾は受験準備に講習などが増えるので、いろいろ備えて考えておくのは大事ですね。

習い事の送迎サービスは困った時にお願いしよう

習い事の送迎サービスは、急病や、産前産後など小さいお子さんを連れていけない時などに手助けしてくれます。

他に、共働きの方が平日や残業など習い事の送迎にいけない時、代わりに連れて行ってくれます。

フルで働いている共働きの方は平日の習い事の送迎が出来ないとあきらめてしまう方がいますがサービスを利用すれば大丈夫です。

習い事の送迎だけではなく、家事などのお手伝いもしてくれるサービスもありますので上手に活用しましょう。

では、習い事の送迎サービスにはどんな種類があるのでしょうか?

共働きの方がお子さんを習い事に通わせる工夫なども一緒にご紹介しますね。

習い事がしたい子供さんへ共働きの親御さんの工夫

共働きの方が、子供の習い事を始めるにあたって最初の壁が送迎問題です。

習い事は平日が多いためフルで働いている親御さんたちには送迎など難しい問題ですよね。

ですが、休日にやっている習い事やオンラインでしている習い事など工夫はいろいろあります。

送迎問題(共働き)
  • スクールバスなど送迎がついている習い事にする
  • 1人で行ける近所の習い事を探す(年齢により)
  • オンラインでできるスクールを探す
  • 土日祝日の習い事を探す
  • 送迎サービスを利用する

色々工夫が出来そうですね。1つずつ見ていきましょう。

<スクールバスなど送迎がついている習い事にする>

スイミングスクールやスポーツスクールなどバスが出ている習いごとなら安心です。

最近共働きのご家庭が多くなり、習い事の教室が送迎サービスを始める所が増えてきているようです。

是非、送迎付きの習い事を探してみてください。

<1人で行ける近所の習い事を探す(年齢により)>

小学生になると1人で行けるようにもなりますが、低学年だと心配もあります。

すぐ近くの習い事なら低学年でも行けそうですが、キッズケータイやGPS端末で連絡を取り合えば更に安心ですね。

その他、毎日通っている学校での習い事やその近辺なら行き来に慣れているので迷いません。

<オンラインでできるスクールを探す>

最近では自宅に居ながら習い事ができるオンラインスクールがあります。

代表的なのはプログラミング、他に英会話やお絵かきなど様々な教室があります。

また、シッターさんや家事代行サービスで資格を持った方がレッスンしてくれるところもあります。

自宅での家事や保育をしながらですから一石二鳥ですね。

<土日祝日の習い事を探す>

平日以外でもレッスンしている教室は沢山あります。日曜日はお休みですが、土曜日までは結構普通にあります。

その他、長期の休み(お盆など)に回数限定の習い事もあるようです。

<送迎サービスを利用する>

ベビーシッターや家事代行サービス、キッズタクシーやファミリーサービスなど送迎や保育、家事などご家庭をサポートしてくれます。

それぞれのサービスは面談などありますのでお子さんと相性が良い方など探して上手に利用しましょう。

このように共働きであっても工夫すればお子さんもやりたい習い事が見つかります。

無理だとすぐに思わずに一度お子さんと探してみてください。

習い事の送迎サービスとは何がある?詳細と平均料金

ママ達にとって、毎日の夕方から寝るまでの時間は、通常でも過密スケジュールですよね。

その中に習い事の送迎が入れば、まさに戦争のような忙しさになってしまいます。

周りの人には何回も頼めないし、パパは帰りが遅いしと解決策がでない時、送迎サービスを利用してみませんか?

料金を支払うぶん、周りのプレッシャーから解放され、気分が楽になりますよ。

送迎サービスは様々な業種で請け負っているので詳細の違いや平均の料金などをみて検討をできるよう表にしてみました

<ベビーシッター>

料金(円)面談
打ち合せ
メリットデメリット登録その他
1000~2000
(一時間)
面談有り
打ち合せ
有り
(会社によって)
・スタッフは講習をうけて
いる
・資格保持者がいる
・習い事中のレポート提出
(会社によりオプション)
・時間契約なので引き続き子供を見てくれる
・継続契約だと子供との
信頼関係ができる
・マンツーマンなので料金が割高
・自宅に入るため人柄が重要(会社により
webカメラ貸出有り)
国、自治体
からの補助金有り
内閣府の
ベビーシッター券有り

ベビーシッターの面談は必須ではありません。子供に合わせておきたいなと言う方が頼むと言う形です。

「内閣府ベビーシッター券」は、パパかママのお勤めしている企業が「企業主導型内閣府ベビーシッター利用支援事業」に加入されていると利用出来ます。

(最大4,400円/日無料、小学校3年生まで)上限有

他にもそれぞれの地域で利用できる自治体の補助金があるので確認してお得に利用しましょう。

<タクシー会社(子育てタクシー会社)(キッズタクシー)>

料金面談
打ち合せ
メリットデメリット登録その他
5000~6000
(一時間)
打ち合せ
有り
・自宅から教室に入るまでの送迎
・子供のみで利用できる
・希望でチャイルドシートを
つけてくれる
・専門講座を受けている
ドライバーのみ
・事前の登録が必要
・車内に二人きりになる場合が
ある
・ドライバーの運転の邪魔をし
ないように言い聞かせ
有り保険
有り



タクシー会社は女性ドライバーもいて、「キッズタクシー」はドライバーの固定担当もしてくれます。

追加料金にも対応しており、送迎する自宅や教室に入るまで「保険」の対象です。その他、目的地に着いたときに電話連絡もしてくれます。安心ですね。

<ファミリーサポート>

料金面談
打ち合せ
メリットデメリット登録その他
600~1000
(一時間)
マッチング有り・近所の方が多いので顔なじみがある
・周辺地域に詳しい
・料金がリーズナブル
・マッチングに時間がかかる
・時間帯と相性の良い方が見つかる
までマッチングが続く
・平日のみが多い
・週3回など地域によって制限がある
・提供会員が少ないため使用できない時がある
有り

会員登録は居住区の「ファミリーサポートセンター窓口」で指示に従って登録してください。

マッチングとはアドバイザーが依頼する会員(預ける方)と提供する会員(預かる方)を紹介することです。

お子さんと相性が良い相手を探すまで繰り返し行います。

事前の電話予約が必要です。現状預かってくれる提供会員が少なくマッチングにも時間がかかり、利用しにくい地域もあります。

<家事代行サービス>

料金面談
打ち合せ
メリットデメリット登録その他
2000~4000
(一時間)
打ち合せ
有り
・送迎の他家事が頼める
・利用料金が会社による
(安いところもある)
・フィリピン人スタッフにより
英語学習ができる所がある
・即日OK
・料金が高い
・送迎以外頼むと料金が
あがる
・頼んで来たスタッフと
子供の相性とあわない時
がある

会社に
よる

家に居ながら英語が学べるサービスも提供している「家事代行サービス」があります。

サービスによっては、フィリピン人家政婦が英会話指導もしてくれ家事もしてくれます。

英会話指導はお得ではありますが、家事代行サービスは「調理」「掃除」「送迎」などオプションごとの料金です。

よく検討しての利用をお勧めします。ですが、「調理」をお願いした時に作り置きおかずなど頼んでおくと便利ですよね。

いかがでしょうか。お子さんの習い事は成長していくようにすればチャンスの一つですから応援してあげたいですよね。

ですが、習い事の送迎は負担が大きいもの。体力的に疲れてしまい、ストレスもたまってしまいます。

お子さんが楽しく習い事を続けられるよう、送迎サービスを賢く活用していきましょう。

いざという時にすぐに利用できるように登録しておくと便利かもしれません。

まとめ

  • 家事育児に忙しいママは、習い事の送迎に疲れている
  • 送迎の疲れる原因には色々な理由があり、対策を講じる必要がある
  • 習い事に下の子を連れていくのは疲れるので実家に頼むなり、送迎サービスを利用する
  • 子供は小学生になったら疲れる送迎をしなくても1人で習い事に行けるようにする
  • 兄弟の習い事は時間や種類が違うので管理をきちんとする
  • 中学生になると習い事を整理する。一般家庭の習い事にかかる費用の計算
  • 共働きの習い事や送迎について。送迎サービスを利用する

お子さんが小さいときはあれもこれもと本当に忙しいですよね。

けれど、お子さんの成長を応援する為にママがストレスや悩みを抱えるとお子さんも楽しく習い事に通えません。

習い事送迎の負担は大きく、ご家族や実家の協力が必要です。送迎サービスなども活用して疲れやストレスを軽減しましょう。

送迎で疲れたママさんの強い味方です。無添加の冷凍ハンバーグなので安心安全ですよね。

しかも、テレビでも取り上げられ、楽天1位という実績あり。

次は、お子さんと一緒にあなたが食べてみて下さいね。心も体も癒されましょう。

タイトルとURLをコピーしました