キャリアアップの転職は何年でするのがベスト?注意点や失敗例も紹介

資格・仕事・人間関係

キャリアアップするということはどんなことだと思いますか?

キャリアアップとは専門的な知識を高めたり、今の収入やポジションを向上させたりすることです。

キャリアアップのために転職するのは就職してから何年たってからがいいのでしょうか。

「何年」という正解はありませんが、年代や勤続年数のタイミングごとにメリット・デメリットがあるものです。

この記事では、キャリアアップの基本的な意味から具体的な進め方、転職をするタイミングの計り方について紹介します。

転職は何年たてばベストなタイミングなのかと悩んでいる人はぜひチェックしてみてください。

また、面接での対応策についても、失敗事例からコツを紹介しますので、こちらも読んでみてくださいね。

政府が推し進めている社会人になって学べる本です。学びに公的支援のサポートがついています。

誰でも、何歳になっても始められる社会人の学びでキャリアアップを目指しましょう

広告

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

キャリアアップの転職は何年が最適?明確な目的が重要

キャリアアップというと、今働いている会社の中で専門的な知識を増やしたり、身に付けたりしていくイメージでした。

最近では転職などもキャリアアップの一つと考える方がいるようですが、新しい会社に行くことだけがキャリアアップになるとはいえません。

キャリアアップとは何か? その意味から順番に説明していきますね。

キャリアアップの方向性と似ている言葉を知っておこう

キャリアアップするためにはどうしたら良いでしょうか?

「将来のなりたい自分」を思い描きましょう。そうすることで自分が何でキャリアアップできるか、方向性を考えることができます。

キャリアアップの方向性
  • 年収を今より上げる
  • 仕事の幅を広げる
  • 今より責任がある仕事をできるようにする
  • 新しく専門の知識やスキルを高める
  • やりがいがある仕事に転職する
  • 昇進で役職、管理職になる
  • 独立、起業をする

このように、思い描くキャリアアップの方向性は人によって様々です。

共通していることは、仕事のレベルや範囲を広げていくことで「なりたい自分」に近づいていく、ということです。

キャリアアップとよく似た用語が他にもあります。それぞれにどんな意味があるのかまとめてみました。

  • キャリアアップ
  • スキルアップ
  • キャリアバス
  • キャリアチェンジ

似ている言葉で勘違いしそうですが、それぞれ意味が違うので一つずつ説明しますね。

<キャリアアップ>

現在より知識や経験、能力を身に付けて自分の職歴や経歴を高めていくことです。

<スキルアップ>

仕事で必要な技術的な能力や知識を向上させることです。他には資格などを取得することも入ります。

<キャリアパス>

会社が社員に対して、希望する職務や役職につくまでの道筋や計画を示したものです。

例えば、そのポジションにつくまでに必要な経験や資格、そして何を達成するかなどです。

それを自分で考えることをキャリアプランと言います。

<キャリアチェンジ>

現在の仕事や職場から離れて、まったく違う職種や業界に変える事です。

これは職種を変えるという事で経歴や職歴が上がることとは関係ありません。

キャリアアップを考えている方はこれらの言葉を耳にすることがありますが、それぞれの意味合いが違うので注意しましょう。

キャリアアップするためには自社と転職どっちがいい?

現在の会社でキャリアアップを考えてみましょう。

一番身近なキャリアアップの方法は今の会社でのスキルアップや経験を積むことです。

仕事の効率や最後までやり遂げる能力を高めることで信頼を得ることができます。

すると、今より幅広い仕事や新しい業務へのチャレンジの機会を与えてもらう確率が上がります。

そうして信頼と実績が深まれば昇進や昇給につながったり、希望の部署へ移動できたりするチャンスにも恵まれます。

まず、今の会社でキャリアバス制度やセミナーなどキャリアアップに活用できる仕組みや制度がないか確認してみましょう。

仲のいい上司や同僚に相談するという事も一つの手です。何かいいアドバイスがもらえるかも知れませんね。

今の会社でキャリアアップを目指すとどんなメリットデメリットがあるのか見てみましょう。

メリット
  • 今まで積み重ねた努力を見てもらえる
  • 会社の全体像が見えているために動きやすい
  • 周囲の知り合いが多いため、協力やアドバイスを得やすい

今まで働いてきた甲斐が発揮できる事柄ですね。次はデメリットを見てみましょう。

デメリット
  • 社内研修が少なかったり人事異動の希望が通りにくかったりする
  • その会社でしか能力や経験を活かせない

自社でのキャリアアップを見直すきっかけになるかも知れませんね。

次に転職した場合のキャリアアップを考えてみましょう。

キャリアアップできる環境がある事やあなたの能力がきちんと評価される企業や職場で仕事をすることはキャリアアップするのに大切なことです。

自分が頑張ってきたスキルや知識が評価されることはモチベーションの向上にもなり、それによってポストや収入のアップにつながります。

また、転職することは一からの出発でもあるので困難な事があることも確かです。

では転職によるメリットデメリットには何があるでしょう。

メリット
  • 自分の描くキャリアアップの環境を選べる
  • 転職先にない技術や知識を使って即戦力として活躍ができる
  • ゼロからの様々な関係を構築できる

転職するとこれからの仕事に対して前向きな気持ちになれますね。では、転職することのデメリットを見てみましょう。

見出し
  • 今までの人間関係や人脈作りがリセットされる
  • 新しい会社や職場に慣れるまで時間がかかる
  • 即戦力にならないときは収入が下がる場合がある

転職すると今までの実績がリセットされてしまうのでいろんなことを一から始めないといけなくなりますね。

また、収入面では転職によってダウンする可能性もありますが、アプローチ次第でこれまで以上の収入を得るチャンスでもあります。

転職のキャリアアップは何年目が最適?時期も考えよう

入社してからあまり早いうちに退職すると、転職する時によく見てもらえないのが一般的です。

私の妹は小さいころからCAにあこがれていましたが、彼女が大学を卒業する頃は就職が困難な時期だったため、希望通りとは言えない一般企業に就職することになりました。

会社でOLをしながら一度はあきらめたもののCAの夢を忘れられず、転職を希望していましたが、活動は入社後3年たってからにすると言って様子を見ていましたね。

やはり、「転職先に良い印象を持って貰うため」と考えていたようです。頑張って勤め上げ無事CAになり、彼女は仕事が楽しそうでした。

私はそんな頑張り屋の彼女を、今でもとても尊敬しています。

あの頃はまだ、早くに退社をして転職に踏み切ると「すぐに辞める」という見方が強かった時代でしたね。

ですが、今は時代が変わり新卒でも理由がしっかりしていれば一年以内でも歓迎してくれる企業はあります。

だからこそ、転職するには何年たてばベストなのかと悩んでいる方も多いと思います。

転職を希望するタイミングは人それぞれですが、何年たったらなど正解はありません。

転職する時期を悩んでいる方へ、様々な視点からタイミングを説明していきたいと思います。

  • 第二新卒での転職を考えている人
  • 入社後5年で転職を考えている人
  • 20代後半で転職を考えている人
  • 30代で転職を考えている人
  • 40代で転職を考えている人

様々なタイミングがありますが、キャリアアップを考えている人へ参考になるよう一つずつ説明しますね。

<第二新卒での転職を考えている人>

第二新卒とは新卒の入社後1~3年以内のうちに転職をする方のことを言います。

基本的なビジネスマナーやスキルを身に着けることやポテンシャルの高さから転職先からの必要性が高まっていると言われています。

ですが、最低限のビジネスマナーが要求されるので面接時の対応や言葉遣いは要注意です。

<入社後5年で転職を考えている人>

入社5年目ともなると部下と呼べる人もでき、リーダーを任される年代なので即戦力として期待されます。

一つの会社に5年間勤めていたことからスキルの高さや経験値、すぐに辞める心配がないために、特に同じ業種や職場から歓迎されやすいとされています。

<20代後半で転職を考えている人>

この年代になると重ねてきた経験から、近い将来の管理者候補として求める企業が多くなります。

また、ビジネスプランもしっかりする上にポテンシャルの高さもあるので、未経験な職種へチャレンジできます。

<30代で転職を考えている人>

30代は企業にとって中堅の立場になるため、即戦力が求められます。

そのため、同じ職種への転職は成功しやすく、30代後半には将来の管理職としてマネジメント能力も見られることがあります。

反対にスキル不足や実績が無い場合の転職は難しくなる場合があります。

<40代で転職を考えている人>

40代での転職はこれまでの20代や30代に比べ難しさが増すので転職活動も長引くと思われます。

そのため、今までのキャリアやスキルを評価してくれる企業を探したり、採用する時期を見極めたりすることをオススメします。

また、ヘッドハンティングや転職サービスを積極的に使うことで成功するケースもあります。

転職は社会人となって何年たってもチャンスはあります。転職活動は自分のキャリアアップや自身を見つめ直すいい機会にもなりますよ。

求人にも募集が高まる時期があるのはご存じですか?

新年度を迎える2~3月と、下記に向けて、秋の採用として8~9月に求人募集が多くなります。

希望する求人が見つかる可能性が高くなり、企業側も積極的に採用するようになります。

第二新卒の人は4月の新卒が入社する時期がおススメです。

新卒と一緒に研修などが受けられることが多いため、新入社員との差ができにくくなります。また、同じような年齢の同期も作れますね。

結婚などのライフイベントは転職のタイミングになる

上記では、自身のキャリアアップを考えてきましたが、転職するにあたって、個々の事情も踏まえなければいけません。

では、個々の事情別に転職するタイミングを考えましょう

  • 結婚について考える
  • 住宅ローンを考える
  • 昇進を言われる
  • 資格を取りたい

キャリアアップするための転職には個人の事情も考えないといけませんね。

代表的な事情を挙げてみました。それぞれ説明していきます。

<結婚について考える>

結婚を考えている方は転職するなら結婚前がおススメです。産休や育休をとったり、産後体調をくずしたりする可能性があるからです。

結婚後の転職は採用してもすぐ「長期で休むかも」と先入観を持たれてしまうからです。

結婚前であれば、ある程度働くので信用されますし、子供が理由での休みも取りやすくなります。

それに対して転職をする側の意見は、結婚すると生活リズムやライフスタイルが変わるので、そのタイミングに合わせて結婚後に転職をすると考える方もいるようです。

<住宅ローンを考える>

住宅の購入を考えているなら、転職は住宅ローンの審査が終わってからがおススメです。

何故なら、住宅ローンの申請は勤続年数年収に関係するからです。転職して年収が下がると借りられる金額も下がることがあります。

<昇進を言われる>

昇進や昇格すると言われたときに悩むなら、転職は一度考え直した方がいいかもしれません。

逆に転職の意思が強いなら、昇進、昇格を言われたときに断り、退職することを伝えます。

昇進や昇格すると役職がついたり、大きな仕事を任されたりと辞めづらくなります。

昇進を言われるくらいなので、引き留められる可能性がありますが転職を強く希望するなら「必ず辞める」と強い意識を持ちましょう。

<資格を取りたい>

取りたい資格があり、転職する時のアピールになるなら、資格をとってからの転職前がおススメです。

転職に関わらない資格なら、勉強時間の融通が利く方を選び資格を取りましょう。

キャリアアップや転職について触れてきました。これから先、仕事やご自身を見つめ直そうと考える事があれば参考にしてください。

キャリアアップは転職の志望動機になる?注意点とコツ

転職するときには、面接で必ず転職理由を聞かれます。

企業は転職理由を聞くことで、応募者が入社後どのような活躍をしてくれるか、また、同じような理由ですぐに退職してしまわないかを見極めているのです。

キャリアアップを目的とした転職の場合は、転職理由を前向きな表現にして志望動機とすることができます。

その際は採用を担当している人を納得させるために、はっきりとした意思とビジョンを伝えるようにしましょう。

面接でキャリアアップを伝える際の注意点を紹介

転職する時に面接で聞かれる「自己PR」や「志望動機」、そして「転職理由」です。

この時、キャリアアップやスキルアップを理由とするなら、どのように伝えるのがいいのでしょうか?

キャリアアップを理由にすると良い点

キャリアアップは今の自分の状態を向上させたいという意味があります。

そこから、転職した後の高い技術やポジション、今までは挑戦できなかったことなどへのチャレンジ精神を伝えましょう。

その上での応募先の会社を選んだと言えば、前向きな転職としての印象が深まります。

また、キャリアアップを目的として選んだ転職なら、すぐに辞めることはないだろうと判断してくれます。

さらに、スキルを持っていることが大切です。それが転職先でスキルを磨いていくと言う前向きな印象を与えます。

キャリアアップをしていくためになど具体例を挙げるといいかもしれないですね。

キャリアアップを理由にすると悪い点

キャリアアップは転職理由によく使われる言葉なのでキャリアアップという言葉だけだと「深く考えていない」とマイナスに取られてしまいます。

そしてキャリアアップにはいろんな方向性があるため、曖昧な印象を与えます。

曖昧になりがちなキャリアアップという言葉をはっきりさせるため、明確な結果を考えましょう。

転職理由として使いやすいという事からキャリアアップの言葉はすぐ出るので「またか」と思う面接官は少なくないようです。

転職理由としてキャリアアップと答える時には注意しなければならない点があります。

  • キャリアアップの方向性を伝える
  • 具体的なプランを伝える

キャリアアップには昇進や昇給、スキルアップ、専門的な知識など様々な方向性があります。

そこで自分が目指している方向性がどんなものか、明確に相手へと伝えることが大切です。

方向性が分かれば、具体的な説明もしやすくなります。

たとえば、前職で持っている資格を活かすことができなかったため、転職先で役立てたいなど具体的に言うと伝わりやすいですね。

その資格で仕事をしながらスキルアップさせたいなど加えると説得力が増します。

そして、その資格を転職先がアピールするものと重なるように伝えれば、志望動機にもつながります。

キャリアアップのための目標を立てることでキャリアプランがはっきりしてきます。

転職後、何年かを具体的に考えることでキャリアアップの方向性がさらに具体化します。

そうすることで、地に足がついた転職への熱意や、すぐに辞める心配のない応募者として判断されます。

キャリアアップでの転職の印象を良くするコツを紹介

キャリアアップを転職理由として話すとき、面接での印象をよくする5つのコツをお伝えします。

現在勤めている会社ではできないことを伝える

今の職場ではどのようにキャリアアップできないかを伝えましょう。

そのとき、何が問題でできないのか、その問題が現状で解決できないと的確に答えることが必要です。

注意点は、今の職場でキャリアアップするために積極的に努力したかという事です。

大切なのは、他人任せにしないで、自分でできるだけ頑張ったけれど実現しなかったと言うことを伝えることです。

転職のきっかけに具体的なエピソードをいれる

面接官に聞いてもらえるようにするには、転職をしようと決めたきっかけなどを具体的に話しましょう。

今の職場でスキルを身に着けて、それをどうやって伸ばしたか、などの詳細が必要です。

キャリアアップも方向性を細かく「○○のスキルを覚えたい」や「大きな仕事にたずさわってみたい」など具体的な言葉にすると伝わりやすくなります。

前職が経験値になるとアピールする

キャリアアップの理由がプラスになる理由は前向きなことや即戦力として期待できると考えてもらえることです。

前職の経験を活かしてキャリアアップしていきたいなどアピールしましょう。

転職先の志望動機につながるようにする

志望動機と転職理由は結びついています。そのために志望動機と転職理由に統一性がないと説得力に欠けてしまいます。

志望動機と転職理由に矛盾が無いように気を付けましょう。

将来のビジョンを伝える

キャリアアップしていくためにどのようなプランを持っているか明確に話すことも効果的です。

3年後など、いつまでにどうやってキャリアアップしていきたいか、そのためにどのような事を行うかなど話すと印象が良くなります。

キャリアアップでの転職理由は具体的な理由をいう事で説得力のある言い方になります。

そうすることにより、前向きな好印象を面接官に与えることができます。

社会人からの学びが、やり直しをさせてくれる!あなたもキャリアアップを目指せます。

リカレント教育とは、誰もがいくつになっても活躍できる社会を目指すために、政府が推し進めている政策の一つです。

広告

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

キャリアアップの転職で失敗しないための注意点を紹介

キャリアアップするための転職に失敗したとき、すぐに転職先を探すのは賛成できません。

何が失敗だったか、キャリアアップするためのプランや転職先のリサーチはできていたかなど、きちんと見直しをしなければまた、同じになります。

短期間での転職を繰り返すと新しい転職先を探すことが難しくなってきます。

失敗しない転職をするために、事前の準備をしっかりしましょう。

キャリアアップの転職に失敗した事例の紹介

キャリアアップするための転職に失敗してしまった。では、これからする転職を成功させるため、ここで反省点を見つけるのも一つの手です

転職での失敗は様々ですが、「ここに気を付けていれば」と思ったことはありませんか?

そんなポイントを見つけて次のステップに生かしましょう。反省すべきポイントは何があるでしょうか。

仕事内容が考えていたものとズレがあった

明確なプランが無いまま転職してしまったケースです。

働き出してから数ヶ月過ぎ、自分が思っていた仕事の内容と違ったことで、自分が望んでいた仕事について悩みます。

こんな失敗が無いようにすぐに転職はせず、自分がやりたかった仕事について勉強してみたり、短時間のバイトをしたりとお試しをしてみましょう。

やったことのない業種に準備無しで転職してしまった

最低限気にしたことは、労働時間や給料、休日だけで、未経験の業種に転職をしてしまい、なにもできなかったり、わからなかったりと辞めてしまうケースです。

応募で「未経験可」などと書いてあっても、職場に行くと研修が無かったり、教えてくれなかったりと忙しい現場にはよくある事です。

忙しい現場では教育してくれる人も手が回らないので、ずっと雑用をしているということにもなりかねません。

そんな事を避けるためには未経験の業種にはきちんと下調べするようにしましょう。

提示されていた労働時間より長い

転職の面接で繁忙期は残業があると言われていたけれど、通勤するようになったら、ほとんど毎日残業だらけだったというケースです。

勤務時間にこだわりがある場合、面接で残業の時間を決めておくとその後が楽です。

それで不採用になったら、その会社とは縁がなかったと思い、自分の条件にあった会社を探せます。

事前に聞いていた労働条件と違う

入社前には「労働条件通知書」を必ずみましょう。口頭で聞いた内容と違ったというケースです。

口頭で聞くことは、相手も自分も不確かな所があるので、必ず書面での確認をして疑問に思う事を事前に聞きましょう。

採用者に労働条件を確認する時は内定が出た後がベストです。

社風が自分には合わない

入社してみたら、上下関係が厳しかったり、付き合いを強制されたり、家族のような濃い人間関係が無理だったなどと感じたケースです。

逆に人間関係が希薄だと不安を感じます。このように今までと真逆な環境だとなじむことが難しいかもしれません。

入社してみないと社風はわかりませんよね。事前に見学をさせてもらう事で防げるかもしれません。

転職して失敗したケースをいくつか紹介しました。入社してみないとわからない物や事前に防げることがありますね。

同じ失敗を繰り返さないために事前にできる対策を考えてみましょう。

転職で失敗しないために事前に準備すべきことを紹介

キャリアアップした転職で失敗しないためにどのような事に気を付けたらいいのでしょうか。

そして転職活動とは内定、転職で終わりではありません。そのあと働き出してからがスタートです。

ここでは実際に失敗した例から学んだ事前に準備すべきことをまとめました。

情報収集や事前準備を「していない!」

毎日通う仕事場の環境は、実際に行ってみないとわからないですよね。

ですが、苦労して入った会社が以前より苦痛になってしまうのは困りものです。

そのために事前に情報を収集しておきましょう。

厚生労働省の調査では転職前の情報収集や資格などの準備をする人は「何もしていない人」が61,6%もいるのです。

事前の準備をしっかり行うことで避けられる失敗があるので、転職を成功させるために情報収集などにも力を入れておきたいですね。

情報収集の手立てとして、転職先と同じ職種の人を探して話を聞くと、仕事の流れやコツなどを教えてもらえます。

また、ネットでの口コミで退職者のコメントを見ることで、さまざまな情報を得ることができます。

転職が失敗した理由を分析する

具体的にどんなことがストレスになるのか理由をはっきりさせましょう。

何となくではなく、言葉ではっきりさせると解決策や、次に転職する時の判断材料になります。

自分の優先順位をはっきりとつける

転職するきっかけになったことや自分が求めているものをはっきりさせないと必要な物が分からず適当な採用になってしまいます。

「人間関係」「やりがい」「お金」「時間」「ライフスタイル」など大切なものは沢山ありますが、優先順位をつければ項目を選びやすくなります。

全部は難しいので優先順位のいくつかを満たした転職なら、失敗と感じずにすみます。

未経験の職種を選んだときは念入りな事前準備をする

未経験の職種への転職には慎重に考えましょう。合わない仕事で転職を繰り返すようなことはこれからの転職活動に支障が出ます。

ですが、どうしてもやりたい仕事であれば、念入りに準備をすることをオススメします。

自分でその仕事に必要な資格を取ったり、独学してみたりするのもいいかも知れません。

ネットでの情報収集も役に立ちますね。できるだけの情報を集めておくと、後でこんなはずではと後悔することも少なくなります。

労働条件通知書を転職する会社から交付してもらう

会社が労働者に「書面で労働条件を明示すること」は労働基準法15条で義務付けられています。

ここに書かれている労働条件と違った場合、労働者は、即時に労働の契約解除をすることができます。

「話が違う」などのトラブルはおきてほしくはありませんが、実際に起きてしまったときに確認と証明ができます。

通常会社側から書面で交付されるものですが、もしもらえなかったら催促しましょう。

それでもなかなかもらえない時はその会社へ「入社する」かの判断材料になります。

転職をして失敗をするとひどく落ち込んでしまうかもしれませんが、事前に準備をしっかりしておけば防げることもあります。

何事もやってみなければわからないことがありますし、失敗した経験から学べることもあります。

せっかく転職しようと考えたのなら後悔の無いように頑張りましょう。

まとめ

  • キャリアアップをするためには、方向性を決めて転職のプランをたてる
  • キャリアアップは自社で行う方法と転職先で行う方法がある
  • 転職するには入社後何年たつとベストなのか、それぞれの年代で要求されることが違う
  • 転職するタイミングは結婚や住宅ローンなどを考慮に入れて考える
  • 転職理由にキャリアアップという言葉だけでは採用者は納得しないので、具体的なプランを伝える
  • キャリアアップの転職は事前の準備や情報を集めないと失敗する

「今の仕事場が嫌」などネガティブな気持ちではなく楽しく仕事ができる方法を探してみませんか?

もし見つけられなかったら、その時転職を考えればいいのです。転職やキャリアアップは何年たってもできる事です。

転職先や今の会社で仕事や技術をスキルアップさせれば、会社へ行くことが楽しくなります。何年かたった自分を想像して素敵なキャリアアップをしてください。

会社の中でスキルアップやキャリアアップをしたい人、セカンドキャリアを目指す人に必見の本です

公的支援制度があり、オススメお資格や教育機関、役立つ情報も盛りだくさんで紹介されています。ぜひ一度お読みください。

広告

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
タイトルとURLをコピーしました