常識がないと言われるけど私はどれぐらい非常識?礼儀やマナーの紹介

資格・仕事・人間関係

常識がないと言われる事を経験した事はありませんか?

この記事では常識とはどの様な事なのか、また非常識な人の行動や言動を解説します。

自分の常識は他人の非常識という言葉があるように、世の中には自分と違う常識をもった人々が沢山います。

その中でも一般常識が社会を生き抜く中で、必要不可欠なので、知っておく必要があります。

常識がないと言われる事がないように社会で生活ができるように、常識を知る事も大切です。更に非常識を知れば、気をつける事もできるでしょう。

常識がないと言われることがないように、この記事をお役立てください。

また日本の常識と、海外の常識の違いは知っていますか?英語でなんというのか、また常識の意味も紹介しています。

これから海外旅行やお仕事で行かれる人に、是非参考にしていただきたいです。

「常識がない」と言われるとショックですよね。

しかし、知識を増やすことでカバーすることができます。

こちらの本で勉強し知識を増やしましょう。

常識がないと言われる前に非常識を知って防ぎましょう

常識がないと言われると、やっぱり誰でも落ち込むと思います。

自分は当たり前(常識)と思っていた言動が当たり前(常識)ではないと責められると、どうしたらいいのか、分からなくなりますよね。

常識と非常識を知る事で、常識がないと言われることを防ぎましょう。もし言われたとしても落ち込まずに、経験としてプラスにしていくヒントをお教えします。

まずは常識の意味を知り、出来るだけ常識がないと言われる事を避けましょう。

常識の意味を知っている?2種類の意味をお教えします

常識とは、人々が共通して持っている分別や知識のことをいいます。

客観的に見て誰もが当たり前と思われる行為のことを一般的に常識と言います。

しかし、常識にも種類があります。詳しく見ていきましょう。

常識には二種類ある
  • 法的に拘束された常識
  • 経験により培われた常識

大きく分けてこの2種類が一般人の常識と言われているものだと思います。

<法的に拘束された常識>

この法的に拘束された常識とは、人を殺めてはいけない、人の物を盗んではいけないなどの事をいう。

人間として産まれてきた以上、理屈など抜きで守らなければいけないもので、幼少期の頃から自然と備わった常識のこと。

<経験により培われた常識>

経験により培われた常識とは言葉の通り人生の経験によって備わった一般常識です。

歳を重ねるたびに知っていく礼儀やマナーなどはここに属しますよね!

しかし、この経験により培われた常識というのは時としてやっかいにもなり得るのです。

なぜなら正確な答えがないからです。これが、冒頭で述べた自分の常識は他人の非常識という言葉にあたるところですね。

法律に定められていたら答えがありますが、この場合はお互いの育った環境などによって異なる常識ですよね。

人と人は意見が食い違うと対立してしまうことがほとんどです。

しかし、直ぐに否定をせず、自分が知らない新しい知識を教えてもらったと思えば、理解できる事もあるのではないでしょうか?

お互いがそう思うことができたらトラブルになりませんね!

常識はいつ学ぶ?礼儀とマナーから始めましょう

常識の意味が少し理解できたでしょうか?では、先ほど述べた経験により培われた常識はいつ学びましたか?

学校で教えてもらうような事ではありませんよね。どこで学んだらいいのかも分かりませんよね。

常識がないと言われて落ち込む必要はありませんが、その悔しい気持ちを糧にまずは、一般常識を知る1番の近道は、礼儀とマナーを知る事です。ご紹介します。

常識人とはどういう人なのかというと、一般的な礼儀やマナーを理解した上で行動できる人のことを指します。

何から始めればいいかわからない人は、まずは基本的な礼儀とマナーから身につけましょう。ご紹介します。

礼儀とマナー
  • 初対面の人には敬語を使う
  • 挨拶をすることができる
  • 服装はTPOを考える
  • テーブルマナーを心得ている
  • 感情を出さないよう気をつける
  • 相手の都合を優先的に考えられる
  • 恩を受けたらお礼をいうことができる

基本中の基本ですができていない人がいることも事実です。詳しくみていきましょう。

<初対面の人には敬語を使う>

すごく当たり前の事ですが、相手が不愉快な気持ちにならない言動を心がけましょう。

目上の人はもちろんですが、お店の店員さんや、明らかに年が下の人や軽い知り合いでもまずは敬語で話すことで好印象を持ってもらえますよね!気をつけましょう。

また、正しい敬語を使える事も大きなポイントです。

日本語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の三種類があるので、使い分けることができればビジネス面でも好印象ですよね。

<挨拶することができる>

挨拶も敬語と同じく言われなくてもできるべき事なのですが、実際できない人も多いのです。

学生や社会人など問わず、挨拶はとても大切です。会話の始まりとしても最低限の一般常識ですよね。

挨拶とは緊張感を緩和する役割があります。「おはようございます」「こんにちは」を言うと気難しい性格の人とでも、会話がしやすい状況を作れるでしょう。

<服装はTPOを考える>

行く場所や、雰囲気をわきまえて事前に準備ができ、考えて行動出来るのが常識人と言われる人たちです。

休日はラフな格好でも、冠婚葬祭や仕事、または高級レストランなど、それぞれのマナーや雰囲気あった服装を心がけましょう。

私は以前、先輩の結婚式に招かれた際に、当日一緒に行こうと、待ち合わせをした友人の服装に驚かされました。

白色の膝上ワンピースを着ていたのです。確かに当時、私たちはまだ若くて知らない事も多い年齢でした。

しかし、さすがに非常識すぎるので私の家に戻って、ワンピースを貸した経験があります。

この友人がもし、一人で式場に行っていたら、きっと周りからの痛い視線を感じてしまっていたのでしょう。

この様に無知なことが1番怖いですよね。冠婚葬祭や行く場所によって服装を変えることが常識人に見えるポイントですよね!

私もまだまだわからないことが多いので、必ずネットで沢山調べてから出かけます。気をつけたいですよね!

<テーブルマナーを心得ている>

難しいテーブルマナーは置いといて、まずは基本的な食事中の態度や食べ方に気を使いましょう。

相手に不快な思いをさせないよう意識してみましょう。

周りに配慮をする事で誰もが不愉快な気持ちにならず、快適な環境で食事ができることを心掛けましょう。

肘をつかない、そしゃく音をならさない、簡単な事ですが、相手のことを考えているからこそできる事ですよね!

<感情を出さないよう気をつける>

感情を出すことは悪いことではありませんが、その場の空気や雰囲気を考えるべきではありますよね!

嫌なことがあっても表情に出さない事もひとつです。

その場の雰囲気を乱さないためにも、感情的にならず対応することができたら、望まない結果を招くこともないでしょう。

<相手の都合を優先的に考えられる>

自分の都合より相手の都合を優先できる人が常識を考えられる人ですよね。

例えば、電話をかけるときに時間を気にしたり、メールも出来るだけ簡潔に伝える工夫ができたりすれば、相手の負担も軽減できますよね。

ちょっとした気づかいですが、この細かい気づかいに目を向けられる人が、常識の備わっている人の行動なのです。

<恩を受けたらお礼を言うことができる>

「ありがとうございます」の言葉を伝えることはコミュニケーションの中で基本中の基本です。

私はこの「ありがとうございます」を伝えることを1番大切にしています。

「ありがとうございます」の言葉はお互いに、ポジティブな感情を生んでくれる言葉だと思っています。

相手の行動に対してお礼を伝えることができると良好な関係を築くことができるので、基本中の基本ですよね!

常識のない自分を変える!非常識の特徴を知りましょう

常識がない自分を嫌になった事はありませんか?

「常識がない!」「当たり前の事も知らないのか!」と怒られると、どうして自分はこんな事も知らないんだろうと、ネガティブな感情が湧いてきますよね。

常識がない自分を嫌いになる前に、常識と非常識について知る事で、「常識がない」と怒られることを防ぐ事ができます。

この記事を読み終えるころには常識がない自分とは、おさらば出来ているはずです!是非参考にしてみてください。

常識のない人の特徴とは?行動と言動の解説します

常識がない人の特徴を大きく3つに分けてそれぞれ、詳しく紹介していきますね!

  • 常識がない人の性格は?
  • 常識がない人の行動は?
  • 常識がない人の態度は?

<常識がない人の性格の特徴>

常識がない人には共通する性格があります。簡単に言うならば、自己中心的で他人への迷惑を考えられない人です。

また、普通の人なら「こんな事をしたら嫌われるかも」と周りの評価を気にして自分を抑える場面があると思います。

しかし、そんな時でも自分がやりたいように物事を進めて、人の目なんて気にしない傾向があるのも特徴のひとつです。

自分の思い通りに物事を進めたいからといって、他人を傷つける事や、迷惑をかける行為はしたくないですよね。

常識がないと思われないためにも気をつけましょう。

<常識がない人の行動の特徴>

常識がない人の行動の特徴としては、他人が嫌がることをする、順番やルールを守らない、人の目を気にしない。

電車やバスの中で通話をする事や、電車の中で化粧をする行為や指定の場所以外の喫煙も、ここに属しますよね。

人の目を気にせずした行動、他人が嫌がる事につながるというのは、世の中で沢山あるのですが、非常識な人はそれが悪い事だと思っていません。

このような行動をしてしまうと、常識がないと言われるでしょう。

<常識がない人の態度特徴>

最後に常識がない人の態度の特徴をお教えします。

常識がない人の中には、態度が横暴な人もいます。例えば、あらゆるお店の店員さんへの言葉使いや態度もその中のひとつですよね。

また、自分が悪い時でも頑なに謝ることをしない、恩に感謝をしないのも特徴ではないでしょうか。

自分さえ良ければいいんだ、という思考が態度として出てしまうのでしょう。

常識がある人とないの特徴の違いを確認してみましょう

ここまで常識がない人の特徴をお伝えしました。では、常識がある人とはどんな人なのかを解説していきます。

常識がある人の特徴とは?
  • 空気が読める
  • 他人への迷惑を考えられる
  • 謝罪ができる
  • 言葉遣いが丁寧
  • 一般常識を知っている
  • 思いやりがある

<空気が読める>

その場の空気や雰囲気を察知して、周囲に配慮できるのが常識人の特徴です。

トラブルを招くのを避け、穏やかにやり過ごすためには、自分の意志を抑え相手に譲歩することも時には必要ですよね。

<他人への迷惑を考えられる>

マナーを守る事でお互いが気持ちよく過ごせる事を理解しているのが、常識がある人です。

何かを発言する時や、行動を起こすときに、他人への配慮をすることが自然と習慣となっている人ということですね。

<謝罪ができる>

常識がある人は自分に非があるときは、それを認めて、すみやかに謝罪ができます。当然のことですよね。

人を嫌な気持ちにしてしまった時も、他人に迷惑をかけた時にも、きちんと誠意をもって謝ることができるかが、常識がある人とない人の違いではないでしょうか?

他人や環境の問題にしてしまい、謝れない人は常識がないといえるでしょう。

<言葉遣いが丁寧>

当然のことですが、職場での上司や同僚、後輩への丁寧な言葉を使うのが、社会人としてのマナーです。

友人や恋人に対しても同様、最低限の敬意を払うことができたり、相手の立場や気持ちを尊重して言葉を選べたりする人が常識のある人でしょう。

<一般常識を知っている>

目上の人には礼儀正しく振る舞うことや、人のものを盗んではいけないことなどは、当たり前(常識)のことです。

人として当然の知識の有無がこの、一般常識がある人とない人の違いです。

しかし、この当たり前の礼儀やマナーが著しくできない人が常識のない人ですよね。

<思いやりがある>

思いやりがある人というのは、自然と相手を思った行動ができる人ですよね。

例えば「忙しそうだから気分転換にコーヒーを差し入れしてあげよう」「何か手伝えることがあるか聞いてみよう」などの行動や声かけができることです。

思いやりがあれば小さなことでも自分以外の誰かのために、何かができる人ですよね。

知識は勉強すれば必ず身につくものです。

自分には常識がないなと思ったら、こちらの本で勉強してみましょう。

常識がない事を英語で言える?日本の常識と海外の常識

ここからは、海外でも常識がないと思われないために、「常識がない」を英語にするとなんと言うのかをお教えします。

これから海外旅行に行かれる人、またお仕事で海外に行かれる人に、知っていて欲しい情報をまとめました。

日本の常識と海外の常識の違いで、悪い印象をあたえない為にも、お役立てください。

英語で常識の言い方とは?言葉と意味を解説

「常識」を英語にすると、いくつか表現方法がありますが、一番代表的な表現方法はCommone Sens(コモン センス)です。

このCommone Sensの意味は「理性や経験に基づいて、まともな判断や考え方のできる能力」とされているので、まさに日本でいうところの「常識」にあたります。

  • have common sense
    「常識がある」
  • have no common sense
    「常識がない」

覚えてしまえば簡単ですよね!会話の中で出てくる時があるかもしれないので覚えておきましょう。

また同じニュアンスの言葉で「What was she/he thinking?」この言葉の意味は「彼女は何を考えているんだろう?」となります。

シチュエーションによっては常識がないと言われていると思った方が良いでしょう。

最後にもう一つ、参考にしていただきたい事が、日本は常識の中で共有の感覚と知識の区別をせずに全てを常識といいますよね。

英語では共有の感覚はcommon Sense
そして、共有の知識をcommon knowledgeと、表現できます。覚えておきましょう。

海外に行く時に、「常識がない」を英語で表現する時がきたら是非、参考にしてみてくださいね。

日本とは違う海外の常識を知っておきましょう!

最後に海外に行くと日本とは違う常識に驚かされる事はありませんか?

私は海外旅行が大好きなので、海外に行くと日本の常識が通じないとゆう、その不都合さえも楽しもうという気持ちで旅行する事を心がけています。

ですから、いろんな日本と海外の常識の違いを知る事がおもしろいように思います。是非、海外旅行へ行かれる時の知識にしてくださいね。

  • レストランのお水は有料が多い
  • 店員と客の関係性は対等
  • 麺のすする音をだすのはNG

国にもよるのですが、気をつけたいこの3選を詳しくご紹介します。

<レストランのお水は有料が多い>

海外のレストランやバーなどに行くと驚くのが水も有料のお店が多いことです。

日本では一般的に「お冷をください」と言うと、無料でお冷を頂けますよね?それが、当たり前と思っている私たち日本人の常識の感覚とは違いますね

<店員と客の関係は対等>

日本では「お客様は神様」といった考え方を持っている人が多いと思います。しかし海外での常識は違うのです。

海外旅行に行った時に、店員さんが無愛想だったり、ガムをかんでいたり、店員さん同士でお話しをしながらレジをされたという経験はありませんか?

日本人の私たちからするとあり得ない!と驚きますよね?

海外の考え方では、売る側と買う側に立場が分かれているだけであって、対等に接するとされている場合が、多いのです。

ですから、「Hi! Welcome to ◯◯」(いらっしゃいませ)に対して無言で入店するのは非常識ということなのです。

簡単な挨拶でいいので「Hi」や、朝なら「Good Morning 」でいいので挨拶をしましょう!

<麺のすする音はNG>

ラーメンや、おそばを食べる時ってズルズルッと音を立てて食べたくなっちゃいませんか?

日本では当たり前にみる光景と当たり前に聞こえる音ですよね。

しかし海外ではこの音を良しとされていない国もあるので気をつけましょう。

また鼻をかむときの音や、くしゃみが出てしまった時は「excuse me」というのがスマートです。

国にもよりますが、ちょっとした豆知識の紹介でした!海外に行かれる際にお役立てください。

まとめ

  • 常識がないと言われる前に、常識の意味を知って常識について考え直す
  • 常識がないと言われるのを避けるために、まずは礼儀とマナーを身につける
  • 常識のない自分にならないために、非常識な人の特徴を知ると防ぐ事ができる。
  • 常識がないを英語で表現するには感覚と知識で言い方を変える
  • 日本と海外の常識の違いを理解した上で失礼がないように海外を楽しもう

常識とは育った環境の違いで、それぞれ少しのズレはあると思います。

しかし、常識がないと言われるのを防ぐためには一般常識や礼儀とマナーをおさえておくだけでも印象は良くなりますね!

海外に行った時でも同じことが言えるでしょう。自分の常識は他人の非常識、日本の常識は海外では非常識。

この言葉の意味を、改めて考え直すことで、世界のどこにいても常識のある人と、思われる人間になりたいですよね。

気くばりができる人になるにはまず一般的な常識が必要です。

こちらの本で一般的な常識や気くばりができるように勉強してみましょう。

気くばりができると多くの人とコミュニケーションが取れ楽しい時間が過ごせますよ。

タイトルとURLをコピーしました