動物を飼うと費用はいくらかかる?犬や猫にかかる費用を詳しく紹介

ペット

動物って見ているだけでとっても癒やされますよね。

嫌なことがあった日でも、尻尾を振って出迎えてくれる愛犬を見ると自然に笑顔になれます。

ストレス社会の今、動物を飼うことで癒やされたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

命ある動物を飼うためには、思っている以上にたくさんの費用がかかります。

どのくらい費用がかかるのかを知らないままに動物を飼い始めてしまうと、場合によっては人も動物も苦しい思いをしてしまうことになります。

では動物を飼うためには、どのくらいの費用が必要なのでしょうか。

この記事では、飼い始めてから困ることがないように動物を飼う上での必要な費用や心構えをお伝えします。

しっかりと準備し、大切な家族として迎え入れましょう。

私たちも自分の部屋が欲しいように、ペットも自分だけの空間が欲しいものです。

ペットベッドを用意して安心させてあげましょう。

動物を飼う費用は?必須のものから意外なものまで

動物を飼うためにはどのくらいの費用が必要でしょうか。

初期費用や毎月かかる飼育費用の他に、見落としがちな費用もあります。

何にどのくらいの費用が必要なのか、飼い始める前に大体の金額や内容を確認しておきましょう。

動物を飼うための初期費用は?犬と猫でも大きく違う

動物を家に迎えるにあたって、必ず行わないといけないことや用意しておくべき物があります。

そういったものにかかる初期費用は、一般的に家で飼われることの多い犬や猫だとどのくらいでしょうか。

犬では約46,000〜77,000円、猫では約29,000〜59,000円もかかります。

ではまず、犬を飼う場合に必要となる初期費用の内訳を見てみましょう。

犬の初期費用
  • 畜産登録…約3,000円
  • 狂犬病の予防接種…約3,000〜4,000円
  • 混合ワクチン(3回分)…約15,000〜30,000円
  • 生活グッズ…約25,000〜40,000円

予防接種や生活用具はなんとなくイメージできますが、畜産登録というものはあまり聞いたことがないですね。どういったものなのか一つ一つ見ていきましょう。

<畜産登録>
犬を飼い始めた日から30日以内(子犬の場合は生後90日を経過した日から30日以内)に、お住まいの市区町村に登録申請をします。

申請をし登録されると、鑑札が交付されます。この鑑札は犬に着けておかないといけないので、首輪などに着けるといいでしょう。

地域によってシンプルな楕円のものや犬の形のものなどデザインが少しずつ異なるようです。

自分の地域はどんなデザインなのか、登録が少し楽しみになりますよね。

またこの登録は、お住まいの住所や飼い主が変わった場合、犬が死亡してしまった場合にも30日以内に届け出る必要があるので忘れないように注意しましょう。

<狂犬病の予防接種>
狂犬病とは、犬にかまれることで人や家畜にも感染することがある犬の伝染病です。

日本では1957年以降に狂犬病の発生事例はありませんが、お隣の中国や東南アジアでは年間100人以上もの人が狂犬病で亡くなっている非常に怖い伝染病なのです。

そのため狂犬病の予防接種は義務化されており、毎年必ず行う必要があります。

予防接種をすると注射済票が交付されるので、これも犬につけておかないといけません。

ちなみに狂犬病の予防接種をすると、注射済票のほか「犬シール」も一緒にもらえます。玄関先に何枚も貼られているお家を見たことがあるのではないでしょうか。

<混合ワクチン>
狂犬病の予防接種とは違い、法的義務はないので任意接種とはなりますが、時には命取りとなる感染症もあるので大切な愛犬の命を守るためにも必ず接種しておきたいです。

犬から犬へ、犬から人へと感染症を拡大させないための対策をすることは、動物を飼う時のマナーでもありますね。

また、ドッグランなど他の犬と接触する場や、トリミングやペットホテルを利用する際にはワクチン接種証明書の提出を義務付けているところがほとんどのようです。

予防できる病気の数により3種〜11種と複数ありますので動物病院で違いを確認してみましょう。

子犬の場合は十分な免疫をつけるために、16週齢までの間に3回ワクチンを受ける必要があります。

<生活グッズ>
寝るところとトイレ、それから食べるものは生活に欠かせませんのでお家にお迎えする前に必ず用意するようにしましょう。

おもちゃも少し用意しておき、すぐに遊んであげられるようにするといいですね。

生活グッズについては後ほどで詳しくお話ししますね。

では次に猫を飼う場合の初期費用を見てみましょう。

猫の初期費用
  • 混合ワクチン(3回分)…約9,000〜21,000円
  • 生活グッズ…約20,000〜23,000円

※野良猫や保護猫の場合は以下も必要

  • 寄生虫検査…約3,000〜5,000円
  • 健康診断…約5,000〜10,000円

畜産登録や狂犬病の予防接種の必要がないので、犬と比べると少ないようです。

しかし猫は犬に比べて保護猫や野良猫を飼う場合も多いと思いますので、その場合は追加で寄生虫などの検査もするようにしましょう。では一つ一つ見ていきましょう。

<混合ワクチン>
猫は犬のように散歩に連れていかないので、室内で飼っている猫の場合はワクチンを打たなくてもいいのではと思うかも知れません。

しかし、お家の中だけで飼っていても感染のリスクはあります。一度かかると重症の場合は命を落としてしまう危険もあるのでやはりワクチンはきちんと接種しましょう。

3種〜5種と種類があり大体3,000〜8,000円が相場のようです。

子猫の場合はやはり免疫獲得のため2〜3回の接種が望ましいとされています。

<生活グッズ>
犬と同じく寝るところとトイレ、それから食べるものとおもちゃは事前に用意しましょう。

<寄生虫検査>
外での暮らしを経験していた猫の場合、ノミやマダニそして回虫などのお腹の虫が寄生している可能性が高いです。

下痢が続き脱水症状を起こしたり、回虫は人間にも感染したりするので一刻も早く駆虫するようにしましょう。

<健康診断>
長い間外で暮らしていた猫ほど、健康上の問題を抱えている場合が多いようです。

野良猫を飼うのであれば、できる限り保護したその日のうちに動物病院で検査してもらうようにしましょう。

年間の費用はいくら?犬は約35万円で猫の約2倍

飼うための初期費用は分かりましたが、それ以外にも毎月飼育費用が必要ですよね。

年間ではいったいどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

ペット保険会社のアンケートによると、犬にかける年間費用は約35万円、猫では約17万円もかかるようです。

最も多くの支出を占める項目が、フードやおやつといった「食費」です。

犬だと大体60,000円前後、猫なら35,000円前後は1年間にかかるようなので、月に換算すると、犬だと約5,000円、猫なら約3,000円程度は必要なようです。

次いで多い支出は怪我や病気の「治療費となっています。

治療費に関しては、動物は人間のように公的な保険はありませんので、全ての治療が全額自己負担となり高額な出費につながります。

大切な動物の健康維持を日々意識されている方が増えてきており、サプリメント代も大幅に増えているようです。

三番目に多い支出はシャンプーやカットなどの「トリミング費」です。人間で言うところの美容室のようなものですが、美容やおしゃれのためだけではありません。

もちろん可愛い我が子をさらに可愛くしてもらいたいという面もありますが、体を衛生的に保ったり、ノミやダニを防いだりという大切な目的があります。

一見関係なさそうですが、これも健康維持に繋がる大事なことなんですね。

動物を飼うために最低限必要になる生活グッズ7選!

犬・猫共に最低限準備すべき生活グッズとはどんなものでしょうか。

  • ベッド用品
  • トイレ用品
  • フード
  • ゲージ関連
  • 食器
  • おもちゃ
  • ブラシ

犬や猫に限らずどの動物にも当てはまりそうなものばかりですね。一つずつ確認していきましょう。

<ベッド用品>
専用のベッドや毛布など、落ち着ける場所を作ってあげましょう。

<トイレ用品>
トイレは毎日のことです。動物も人間も快適に過ごせるよう使いやすく片付けやすいようにしておく必要があります。

犬ならペットシーツ、猫なら猫砂を用意するようにしましょう。

私の愛犬は最初の頃、ペットシーツを破ったり噛んで引っ張り回したりすることがあったのですが、そんな時にはシーツを挟めるトイレトレーが便利でした。

<フード>
最初はブリーダーやペットショップが与えていたものと同じフードがあれば一番安心です。別のフードに切り替えたい場合でも徐々に慣れさせることを意識させましょう。

<ゲージ関連>
家としてだけでなく、犬にはしつけのトレーニングにも使えるようです。

また、来訪される方が動物を苦手な場合や、掃除で窓や玄関を開けっぱなしにしないといけない時に、ゲージがあると入れておけるので安心です。

<食器>
フードを食べるときやお水を飲む時などに必要です。

家の食器でも代用はできますが、高さや傾き、また早食い防止など動物への配慮があるので、専用の食器を準備してあげることをおすすめします。

<おもちゃ>
動物達のストレス軽減や噛み癖の対策、歯磨きにも役立ちます。

<ブラシ>
毛が短い品種ではブラシはそこまで必要がないようにも思いますが、毛をとかしたり抜け毛を取り除いたりする以外にも大切な用途があります。

皮膚を刺激することで血行促進や新陳代謝を促すことができるのです。

またブラッシングでスキンシップをとることで、体調変化に早く気づくこともできるのでおすすめです。

以上7点は、生活に欠かせませんので必ず準備してあげるようにしてくださいね♪

その他犬には必要ありませんが、猫を飼う場合には用意すべきものもありますので見てみましょう。

猫のみ
  • 爪研ぎ
  • キャットタワー
  • リード付きハーネス

<爪研ぎ>
マーキングや気分転換、自己アピールなどのために爪研ぎをするようですが、大事な家具等をガリガリされたら大変ですよね。

猫のためにも人間のためにも買っておきましょう。

<キャットタワー>
猫は散歩には行きませんが、運動はもちろん必要です。家の中を自由に歩き回っているイメージですよね。

猫は上下の運動を好むので、キャットタワーは遊びの場に最適です。運動不足の解消にもなりますし、寝床としても活用してくれるかもしれません。

少し場所を取るので、置くところを考える必要はありますね。

<リード付きハーネス>
万が一災害が起こった際に猫と避難するために必須です。そのまま外に出してしまうと迷子になってしまうかもしれません。

初めてつけると嫌がる事もありますので、飼い始めた頃から慣れさせておくようにしましょう。

飼育費用だけじゃない!意外と見落としがちな費用

動物を飼う上で必要な費用は、上で説明した初期費用や生活費用だけではありません。意外に見落としがちなものがこちらです。

  • 光熱費
  • ペット可の物件
  • ペットホテル

<光熱費>
動物は温度変化に敏感です。体調を崩さないように、夏と冬はエアコンを付けっぱなしにするようにしましょう。

<ペット可の物件>
部屋を借りる際にはペット可の物件を探す必要があります。

ペット可の場合、通常の部屋より敷金が高かったりペット保証金が必要だったりします。

<ペットホテル>
数日家を離れる必要がある際にはペットホテルを利用しましょう。

サービス内容や動物の種類によってなど、ホテルごとにも料金は違うので前もって近くのペットホテルを調べておくようにしましょう。

動物を飼うメリットもデメリットもちゃんと考えよう

動物を飼うと、その可愛さに癒やされるのはもちろん、一緒に暮らすことで毎日の生活が楽しくなり充実感が得られるという方が多いです。

そういった動物を飼うことで得られるメリットは比較的思いつきやすいですが、行動制限などのデメリットもあります。

飼う前からそれぞれをしっかりと理解しておきましょう。

動物を飼うことで得られる心身のメリット5選!

動物は単に可愛くて癒やされるというだけではなく、様々な良い効果を人に与えてくれます。

では具体的にどんな効果をもたらしてくれるのでしょうか。動物を飼うメリットを見てみましょう。

  • 飼い主自身の健康が向上
  • ストレスや不安が軽減し幸福度が上がる
  • 子供の豊かな成長につながる
  • 社会との交流の機会が増える
  • アレルギー予防になる

とても嬉しい効果ばかりですね。早速一つずつ見てみましょう。

<飼い主自身の健康が向上>

イメージしやすいのは犬との散歩ですね。毎日犬を散歩に連れていく習慣ができると、ウォーキングになるので運動不足が解消されます。

散歩や動物の食事の準備などのルーティンができると、飼い主の生活サイクルも安定するので生活習慣の改善に非常に効果的です。

また非常に興味深いことに、心臓発作の要因になりえるトリグリセリドやコレステロール、血圧が動物を飼うことで低下する、と結論づけているアメリカの研究所もあるそうです。

<ストレスや不安が軽減し幸福度が上がる>
動物と触れ合うことで、人間の脳内では「オキシトシン」という別名幸せホルモンが分泌されます。

このホルモンは赤ちゃんを抱っこした時など人と触れ合うことで分泌されるのですが、動物との触れ合いでも多く分泌されるようです。

確かに、赤ちゃんを見ると自然に頬が緩んでしまうように、動物を見ている時も優しい顔になりますよね。

また、動物を飼っていると孤独やストレスを感じにくい傾向にあるようです。動物がそばにいることで孤独感が減り、反対に幸福感が得られます。

こうした効果から近年では、福祉施設等の様々な施設へ訪問し動物との触れ合いで人々の心を癒やすアニマルセラピーというものも注目されています。

<子供の豊かな成長につながる>
動物と一緒に暮らすことは、子供の成長や教育にとってよい効果があるとわかっています。

お世話を通じて、愛情や責任感を学ぶことができますし、生き物の生死を身近に体験することで情操教育にもなり、命の大切さを学べます。

こういったことは机の勉強で身につくものではないですよね。子供にとってとてもいい経験になることは間違いないと思います。

<社会との交流の機会が増える>
散歩に連れていくと同じように散歩している人と出会ったり、動物好きの人が話しかけてくれたりなど家族以外と知り合うきっかけになることがあります。

また最近では同じ動物を飼っている人同士がインターネット上で交流する事も増えています。

動物をきっかけに様々な人と知り合うことができるのは素敵なメリットですね。

<アレルギー予防になる>
犬アレルギーや猫アレルギーなどよく耳にするので、動物を飼っているとむしろアレルギーを発症してしまうイメージでしたがそうではないようです。

幼児期に動物を飼っているのといないのとを比べた場合、飼っている場合の方がアレルギーや喘息の発生率が低くなるというデータがあるそうですよ。

動物を飼うと良いこといっぱいだね♪

動物が飼うことでデメリットになりえること4選

次にデメリットとなる部分もみておきましょう。

デメリットになりえることの4つはこちらになります。

  • 動物を置いて旅行にいけない
  • 吠える・鳴く
  • 抜けた毛の掃除が手間
  • 飼育費用がかかる

なんとなく想像できるかもしれませんが、こちらも一つずつ見てみましょう。

<動物を置いて旅行にいけない>
動物を飼っているとふらっと数日間旅行にいく、ということはできません。

自動給餌器や見守りカメラもありますが、何か災害が発生したりエアコンが壊れたりと不測の事態が起きる可能性もあります。

やはり動物を置いたまま数日家を離れるというのは避けるべきです。

事前にペットホテルを予約したり、知人に預けたりと動物のお世話をしてくれる方を確保しておくようにしましょう。

<吠える・鳴く>
その子の性格にもよりますが、あまりに大きな声で長時間吠えたり鳴いたりする場合はご近所の方の迷惑になってしまいますよね。

今は吠えぐせの治し方といった情報が本やインターネットにもたくさんありますので、コミニュケーションの一環として日頃からトレーニングするといいでしょう。

また、それでも改善しない場合にはしつけのプロを頼るのも一つの手です。

<抜けた毛の掃除が手間>
毛が抜けやすいかどうかは種類によって大きく異なりますが、いずれにしてもこまめな掃除は今まで以上に必要になります。

掃除をする際には毛が舞い上がるのを防ぐため、掃除機をかける前にコロコロクリーナーやハンディモップで毛を取り除くようにするといいですよ。

<飼育費用がかかる>
この記事の最初にご説明した通り、初期費用や毎月の費用そして光熱費などの出費があります。

食費や治療費といった命に関わる部分の費用を削ることはできません。

おやつをあげすぎていないかを見直したり、ついつい買いたくなってしまうおもちゃや洋服といったものはセールの時を狙ったりして節約できるところで抑えるようにしましょう。

このように、どれも事前に理解した上で飼えばさほどのデメリットにはならないかもしれませんね。

内側のクッションはリバーシブルになっていまず。

シープタイプとレザータイプに変更することができますので一年中活躍しますよ。

動物を飼う人の責任!考えておくべきリスクとは

命のある動物を飼うからには、どんな時も最期まで寄り添い続けるという大きな責任があります。

その責任を果たすためにはどんな準備が必要でしょうか。

動物の健康に対するリスクと飼い主の健康に対するリスクについて知り、備えましょう。

動物の治療費は高額!ペット保険で備えよう

大切に大切に一緒に暮らしていても、大事な愛犬や愛猫がケガや病気にかかることもあります。

そんな時に、お金を理由に治療を諦めるなんてことは絶対にしたくありませんよね。適切な治療を受けさせ健康を維持してあげるのも飼い主の責任です。

そのために「ペット保険」というものがあります。ではペット保険とはどういうものでしょうか。

ペット保険

毎月の支払いで病気やケガの時に補償を受けられ、飼い主の負担を軽減するもの

人間同様に長寿化・高齢化が進んでいるため、病気やケガのリスクも高くなっています。

動物の治療は全額自己負担のため、急な大きい金銭的負担につながります。万が一に備えて動物を飼う際にはぜひ加入を検討してください。

入院でお世話ができない!老犬老猫ホームを選択肢に

飼い主自身の体調が崩れてしまう場合もありますよね。数日であればペットホテルを利用するなどの手もありますが、長期での闘病や入院となるとどうでしょう。

いつ退院できるかわからないなか、ペットホテルを利用するのも知り合いに預けるのも少し難しいですよね。

そんな時には、老犬老猫ホームというものがありますので利用を検討してくだい。

では老犬老猫ホームとはどういった時に利用することができるのでしょうか。

  • 動物に介護が必要になり仕事や家事ができなくなった場合
  • 飼い主が病気や入院などでお世話できなくなった場合
  • 災害や転勤などで動物との暮らしが難しくなった場合

こういった事情があれば、年老いた犬や猫だけじゃなくまだ若い子たちもみてくれるようですので、万一の時の選択肢として頭の片隅に入れておいてください。

もちろんそういった事態にならないことが一番望ましいのですが、この先何が起こるのかは誰にもわかりません。

このような施設があると飼う前から分かっていれば、いざという時に少し安心できますよね。

私も初めて老犬老猫ホームの存在を知った時、もし自分に何かあっても愛犬を預けられる場所があるということに、とても安心したことを覚えています。

まとめ

  • 動物を飼うには初期費用や毎月の生活費が結構かかる
  • 光熱費やペット可物件を借りるための費用などの見落としがちな費用もあるので注意
  • 動物の急なケガや病気にはペット保険で備えよう
  • 万が一不測の事態で飼えなくなったら老犬老猫ホームもある
  • 動物を飼うと幸せホルモンが分泌され、ストレスが軽減することで幸福度があがる
  • 飼うデメリットになりうる事も理解して事前に準備しよう

動物を飼うと毎月の飼育費用はもちろんのこと、迎え入れるための初期費用やペットホテルなどの臨時費用等何かとお金はかかります。

ですが、それ以上の幸せを与えてくれくれる存在になることは間違いありません。迎え入れる準備をしっかりとして、動物との暮らしを楽しんでください。

室内で飼われているペットは特に一人の時間や空間は大切です。

自分だけの場所を必ず作ってあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました