動物を飼う効果とは?ストレス軽減や健康向上などのメリットに期待

ペット

近年、犬や猫など動物が身近な存在になりつつあるのではないでしょうか。

しかし、それ以上に動物と触れ合うことで得られる効果がたくさんあることをご存じでしょうか?

動物を飼うことで、動物を飼うと心と体が健康になります。他にも、たくさんのプラスの効果があるんです。

こちらでは、動物を飼うことで得られる効果を4つご紹介します。

でも、動物のお世話って大変なイメージがあるのよね

たしかに動物を飼うということは散歩に行ったり、同じ時間にご飯をあげたり、大変なことも多くあります。

一緒に遊んだり、コミュニケーションをとったりすることができる動物は日々の生活に彩りを与えてくれるかけがえのない存在です。

どんな効果があるかを知り、動物たちのことをもっと好きになりましょう!

動物を飼う効果は?生活改善やストレス軽減に効果あり

動物を飼うことによって、動物を飼うと心と体が健康になると言われています。

それだけではなく動物を飼うことで心理的にもプラスの効果があります。

実際に動物を飼っている人は勝っていない人よりも寿命が長いというデータがあるのです!

その他にはどんな効果があるのか気になりませんか?他にどのような効果があるのかを詳しく見てみましょう。

動物を飼うことで運動不足が解消し筋力が維持できる

皆さんは、日々の運動不足に悩んでいませんか?

特に犬を飼うことにより、散歩で長距離を歩いたり、一緒に走って遊んだりすることで飼い主自身の運動不足の解消、筋力の維持に最適です。

これにより、血圧やコレステロールが低下することも分かっており、健康につながることが考えられています。

また、ドッグランや海などへ一緒に出掛けることで、エネルギッシュな生活を送ることも可能です。

さらにご飯をあげる、遊ぶなどの毎日のお世話を通して、睡眠時間や食事の時間が規則的になり、乱れがちな生活リズムを整えることにも効果的でしょう。

動物を飼うと幸せホルモンが分泌され安心感を得られる

動物と暮らしていく中で、安心感や癒やしを感じたことがあるのではないでしょうか。

ペットと暮らすことにより孤独感や不安感が解消され、安心感が生まれることがあります。

実は、ペットと触れ合ったり、目を合わせたりすることにより「オキシトシン」という物質が脳内で分泌されることが分かっています。

オキシトシンは別名「幸せホルモン」と呼ばれており、精神の安定、ストレスの軽減、心拍や血圧の安定などの効果が期待できます。

ペットは飼い主の感情に寄り添ってくれることが多いため、不安なときにそばにいてくれることがあるのです。

さらに、動物を飼うということは、その子のお世話をするということです。

この行動が、誰かの役に立っているという意識につながり、自尊心の向上につながります。

動物を飼うとコミュニケーションの幅が広がる

犬を散歩に連れていくと人から話しかけられた、という経験があるのではないでしょうか。

これにより動物が会話の糸口となり、カフェや公園でのコミュニケーションの幅が広がっていきます。

なんと動物には、人からより親しみを持ちやすくしてくれる効果があります。

実際に犬を散歩に連れていくと「何歳ですか?」「なんていう犬種?」「きれいにトリミングされていますね」などと聞かれたことがあります。

最近ではインターネット上で、動物を飼っている人達がコミュニケーションをとり新たに知り合いをつくることもあるそうです。

<アニマルセラピーの効果>

アニマルセラピーとは具体的にはどのようなことか、ご存じでしょうか?

動物との触れ合いを通して癒しや安らぎを与えることがアニマルセラピーの目的です。

「心理的な健康への効果」でもお伝えしましたが、動物との触れ合いによって不安やストレスの軽減につながり、コミュニケーションの向上などの効果があります。

ペットの話題をきっかけに家族間での会話も増えることがあり、より豊かな家族間のコミュニケーションをとることも期待できるでしょう。

それにより、高齢者施設で動物と触れ合うことにより発語が増え、入居者とスタッフとのコミュニケーションが円滑になることもあるようです。

実際、高齢者施設で入居者が犬を抱っこした瞬間笑顔になった、ということも多くあります。

動物を飼う子供への効果は感受性が豊かになる

動物を飼うことは子供の成長に役立つ、と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

子供のころから動物と暮らすことで、命の大切さや思いやり、共感力、優しさなどを学ぶことができます。

また、ご飯をあげることや散歩などのお世話を通して、忍耐力や責任感が芽生え、自尊心が高くなるでしょう。

さらには、発達障害のある子供にとってプラスの効果を与えてくれることが分かっています。

例えば注意欠如・多動性障害(ADHD)の子供が動物のお世話をすると、ご飯をあげることや散歩などのルーティンを持つことができ、生活がしやすくなるのです。

自閉症の子供にとっては、動物との触れ合いにより、社会的なスキルの向上が見込めます。

こういったことから動物を飼うことは子供の成長にとって役立つといえるのではないでしょうか?

しかし、子供の動物に対するアレルギーの問題は避けて通れません。事前にしっかりとアレルギーの確認をしておきましょう。

まとめ

  • 身体的な健康への効果では、散歩や日々のお世話による運動不足の解消や生活リズムの改善が期待できる
  • 心理的な健康への効果では、動物との触れ合いによってオキシトシンが分泌され、不安感やストレスの改善につながる。
  • 社会的な影響への効果では、動物がきっかけになり、社会的なコミュニケーションの幅が広がっていく。
  • 子供の成長への効果では、子供はお世話を通して、命の大切さや思いやりの学びを得ることができる。

動物を飼うことによって得られる効果はとても有意義なものです。

動物を飼うということは大変なことですが、それ以上に得られるものが多くあるのではないかと思います。

疲れているときや落ち込んでいるときにそばにいてくれるペットは、かけがえのない存在です。

これから動物を飼う方も、すでに動物を飼っている方も、たくさんの時間を動物たちと過ごしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました