動物を飼う子供へのメリットとデメリットは?知ってから判断しよう

子供

動物を飼ってみたいな

子供のいるご家庭で、動物を飼ってみたい!と思われたことはありませんか?

家で動物を飼うことは、子供にとって愛情が芽生えたり、責任感を持つことができたりとたくさんのメリットがあります。

こちらでは、家で動物を飼うことでどのような「メリット」や「デメリット」があるかを紹介しています。

記事を読んでもらえれば、動物を飼うことは子供にとってたくさんのメリットがあると分かってもらえます。

周囲に動物を飼っている家があり気になった、テレビで動物を飼っている人の様子を見ると、いいなぁ飼ってみたいなぁと思ったこともあると思います。

動物を飼うことを検討中の方や、これから考える方の参考になればいいなと思います。

動物を飼う子供のメリットは?デメリットと一緒に紹介

動物を飼うことで子供にどのようなメリットがあるのでしょうか?またデメリットも気になりますね。見ていきましょう。

動物を飼うことで子供が得られるメリットは4つ

動物を飼うことで得られるメリットは4つあるようです。

  • 愛情が芽生える
  • 責任感を持つことができる
  • ストレス緩和になる
  • アレルギー予防になる

上記4つがメリットのようですね。1つずつ見ていきましょう。

<愛情が芽生える>

家の中で動物を飼うことで、動物に対して愛おしいと思う気持ち、可愛いと思う気持ちが芽生えます。

これは子供が家で親と暮らしたり、幼稚園や学校に行き友達と接したりするだけでは中々芽生えない感情であり、動物を飼うことの最大のメリットだといえます。

<責任感を持つことができる>

動物を飼うということは、自分の好きなときに可愛がることだけではありません。

毎日の散歩、エサやり、フン尿の世話などしなければいけないことがたくさんあります。

子供にとっては自分の欲求が勝ってしまい、動物が後回しになることもあるかもしれません。

ですが、動物は飼っている人間が世話をしなければ健康ではいられません。

決められたことを決められた時間にやる、そんな動物との関わりを通して、強い責任感が生まれます。

<ストレス緩和になる>

子供のころ、家や外で嫌なこと苦しいことがあったとき、親にも友達にも誰にも話せず辛い思いをした経験はありませんか?

大人になってから、動物を飼っていた友達が、そんな時は家に帰ると動物にその日あったことを話してストレスを緩和していたと知りました。

ずっと一緒に暮らす中で、動物が誰よりも自分にとって安心できる存在となります。

その日あったことを話すことでスッキリする、時には横で涙を流し辛い思いをさらけだせることもあるのです。

そしてその存在は、そばにいてくれるだけで大きな癒やしとなり、日々のストレスを軽減してくれます。

<アレルギー予防になる>

例えば犬を飼う場合ですが、幼少期から犬のフケに触れていることで、そうでない場合よりアレルギーを発症する率が抑制された、というデータがあります。

動物を飼うと家が汚れる、衛生的に心配、動物の毛子供によくないのではないか?と思い敬遠していた方もいると思います。

ですが、実はその毛やフケこそが子供にとっていい影響を与えることもあるのです。

動物を飼うことで子供が受けるデメリットは2つ

ここまでは動物を飼うことで子供に与えるメリットや、動物を迎えるための準備について書いてきましたが、もちろんデメリットもあります。

  • アレルギーがでる可能性がある
  • 動物の死と直面してショックをうける

上記がデメリットのようですね見ていきましょう。

<アレルギーのでる可能性がある>

動物の種類によっては、子供がアレルギー反応を起こす場合があります。

事前に調べられる場合は調べる、もし過去に動物と接触してアレルギー反応がでたことがある場合には、動物を迎えるのをあきらめるなど十分検討が必要です。

<動物の死と直面してショックをうける>

どんな動物を飼っていても、避けられないのが「死」の場面です。

動物は寿命が人間よりも短く、子供の頃から飼っているとなると、なおさらそのタイミングはやってきます。

まだ心が未熟で、死に直面する機会も少ない子供にとって、愛情をたくさんかけて育ててきた動物が死ぬことはとても辛いことです。

ですが、動物を通して生き物の生と死について学べることは、デメリットだけでなく大きなメリットでもあると思います。

動物を飼うと決めたら子供には心構えを教えよう

デメリットを知っても「やっぱり動物を飼いたい!」とお子さんが言ったら、どんな心の準備が必要でしょうか。

  • 動物を飼う自覚をもつ
  • 子供と一緒に大人も動物を育てる
  • 動物の逃げ場を作る
  • 家の中を清潔にする

なるほど、どれも大事なことばかりですね、細かく見ていきましょう。

<動物を飼う自覚をもつ>

子供はよく動物を飼いたい!と言いますが、動物を飼うということはどんなことなのか事前に知っておく必要があります。

飼う予定の動物について一緒に調べ、どんなお世話が必要なのかを知った上でお家に迎えるようにしたいですね。

<子供と一緒に大人も動物を育てる>

もちろん子供だけでは動物のお世話はできません。しつけも子供にまかせきりではうまくいかない場面もあります。

子供の年齢も考えて、主体的にできることは見守り、助けが必要な場合は親や周りの大人が一緒にすることも必要です。

<動物の逃げ場を作る>

特に小さい子供がいる家庭で動物を飼う場合、小さい子供は力加減や動物の嫌がることが分からず、強い力で動物に触ったり、追い掛け回したりすることがあります。

そんな状況ばかりだと、動物にも大きなストレスがかかってしまいます。飼っている動物が静かにゆっくり落ち着ける場所を準備することも、とても大切なことです。

<家の中を清潔にする>

動物を飼うと、種類によってはたくさんの毛が抜けたり、フン尿で汚れたり吐物で汚れたりすることもあります。

先ほど犬のフケはアレルギー予防に効果がある、といいましたがそれは家の中に散らばっていてもいいということではありません。

こまめに掃除機をかける、空気清浄機を導入するなど、清潔にできる環境を整えましょう。

まとめ

  • 動物を飼うことは子供のメリットとして愛情や責任感がうまれる
  • 動物を飼うことは子供のメリットとしてストレス緩和やアレルギー予防効果がある
  • 動物を飼うことは子供のデメリットは生と死についてショックをうける
  • 動物を飼うことは子供のデメリットはアレルギーの可能性が出てくる
  • 動物を飼う前に子供に心構えの準備が必要になる

動物を飼うことで子供にはメリットが沢山ありましたし、デメリットもありました。

動物を飼うことが子供に与えるメリットとデメリットを天びんにかけて、よく考えた上で動物を迎えるかどうかを検討してもらえればと思います。

タイトルとURLをコピーしました