ブーツの収納は夏までに終わらせよう!収納法とお手入れの仕方も紹介

生活・趣味

ブーツを愛用している方が毎年困るのがブーツの収納方法ではないでしょうか。

お気に入りのブーツを長く履くためには、気温と湿度が高くなる夏までに収納を終わらせることが大切なります。

私は秋冬のファッションが好きなのでブーツが多く、それらのブーツを収納するのに毎年悩んでいました。

結局そのままブーツを下駄箱にしまったり、箱にしまっていたりとお手入れ方法を知らずにいつもそのままオフシーズンを迎えていました。

いざ秋冬がやって来た時に履こうと出してきたらカビが生えていたこともしばしば…

私のようにお手入れを怠るとブーツを収納する夏頃の気温と湿度の組み合わせでカビが生えてしまう可能性があるのです。

この記事ではブーツの収納方法と、夏の始まりまでにやっておくべきブーツのお手入れ方法、保管方法を解説します。

ブーツを使った冬のコーディネートが大好きで、ロングやショートなどを楽しんでいます。

でも、シーズンが終わると靴箱にそのまま放置した状態で「カビが生えてしまった」ということもありました。

お気に入りのブーツを長持ちさせるために、お手入れとシューズポーチは欠かせませんね。

ブーツの収納は夏が来るまでに終わらせよう!

ブーツの収納?あんまり考えたこと無かったな…

ブーツの収納は夏が来る前の温かくなり出した頃から始めましょう。ブーツ収納と保管方法をご説明します。

日本の夏はブーツの大敵!その理由は気候にあった

ブーツの収納を夏までにしないと、どうなってしまうのか、その理由は日本の夏の気候にあります。

私たちが住む日本の夏は高温多湿のじめっとした暑い夏です。この気候はブーツの保管に適していません。

ブーツの保管は気温と湿度が高くなる夏の汚れを落として保管するのがオススメです。

高温多湿になる夏は1週間でカビが増殖する可能性があるからです。

カビが生える条件は温度・湿度・汚れのこの3つの条件がそろった時にカビが発生します。

逆に3つの条件がそろわなければいいという事です。温度と湿度の管理は難しいですが、まずは汚れを落とすことから始めましょう。

ブーツの収納を夏までに済ませる為には正しいお手入れが大切です。お気に入りのブーツを翌シーズンも履くためのポイントですね。

ブーツに適した保管場所と適さない場所を知ろう

基本的にはすぐに出し入れの出来る使いやすい場所に置くのがオススメです。

しかし、玄関や下駄箱は湿気がたまりやすいので出来るだけ、湿度対策を心がけましょう。

  • 除湿剤を置いてしっかり取り替える
  • 下駄箱はたまに扉を開けて換気が必要
  • 靴を沢山詰め込まない
  • 雨でぬれた長靴や傘は乾くまで下駄箱になおさない

ブーツにカビを増殖させない為には上記の簡単なことでいいので湿度管理してみましょう。

逆にブーツの保管に適さない場所はベッドの下なんです!知ってましたか?

ベッドの下は実は湿気がたまりやすい場所です。人間は寝ている間に汗をかくのでベッドの下は湿度が高くなるのです。

ベッドの下はスペースがあって活用したいところですが、ブーツの収納は避けましょう。

ブーツの収納は100均グッズでスペースを有効活用!

ブーツには色んな素材のものや、さまざまなタイプのデザインがあるので収納に困りますよね。

かさばるブーツの収納には100均グッズの活用でお安く賢くブーツを収納しましょう。

もう悩まない!ブーツ収納は100均グッズを上手く使おう

ブーツの収納には100均グッズがオススメ!まずはブーツを収納する下駄箱のスペースを有効活用しましょう。

  • ピンチハンガーでつるして重ねる収納
  • 突っ張り棒2本でひっかけ収納

下駄箱のデッドスペースを有効活用するにはこの2つがオススメです!

〈ピンチハンガーでつるして重ねる収納〉

ズボン用のハンガー(ピンチがついてるハンガー)を使ってつるす収納方法がオススメな理由は、ブーツキーパーを使わなくてもシワになりにくいからです。

また床に並べて収納するよりもつるすと重なり合うので無駄なスペースがなくなります。

下駄箱に少しでもスペースがあるならつるす収納でスペースの有効活用はどうですか?

〈突っ張り棒2本でひっかけ収納〉

ブーツを2足並べるだけで下駄箱がいっぱいになりませんか?

そんな時は突っ張りぼうを2本使うことで同じスペースに倍の数を収納しましょう。

簡単な方法があります!突っ張りぼう2本を前後で段差をつくります。

このとき手前を低く設置することがポイントですよ。

奥に片足のブーツを置きもう一足を逆さにして突っ張りぼうの間にいれます。

この時つま先を突っ張りぼうの段差の高い方に、かかとを低い方にかけると前後に重なり合ったような収納になります。

片足分の収納スペースで1セットのブーツが収納できます。

2足しか収納できなかったスペースで実質4足の収納が可能になります。

ブーツの収納にも100均で買える突っ張りぼうが役にたちます。最強の便利アイテムですよね!

どんどん下駄箱の無駄なスペースを活用していきましょう。とてもスッキリしますよ。

ブーツの収納は100均グッズでも簡単に出来るということですね。

ブーツのお手入れアイテムも100均を活用しよう

ブーツのお手入れアイテムも100均でそろえる事が出来たらハードルが低くてチャレンジしやすいですよね。

  • オフシーズンの収納にはブーツ収納袋
  • シワをつけない保管はブーツキーパー
  • 汚れ落としブラシ
  • 靴磨きクリーナー
  • 防水スプレー

オススメの5つは簡単に100均で手に入れることが出来ますよ。

オフシーズンの収納にはブーツ収納袋〉

ブーツ収納袋とはブーツ専用のカバーです。こちらのカバーに入れて収納すると、ホコリから守ってくれます。

意外と使われていない人も多いのではないでしょうか?ブーツの長期保存には是非使ってほしいグッズです。

ブーツ収納袋は通気性の良い素材で作られているものがほとんどです。

乾燥剤が入っているものもあるのでカビ防止にもいいですよ。

シーズンオフのブーツはこのブーツ収納袋に入れてクローゼットにしまうのがオススメです。

しかしブーツ収納袋に入れる前のお手入れ方法を間違えるとブーツが傷んでしまう可能性があります。

ブーツ収納前のお手入れ方法についてはのちほどご紹介しますね。

〈シワをつけない保管はブーツキーパー

ブーツキーパーとは靴の形が崩れないように補正し、履いていない時間にシワを伸ばしてくれる優れものです。

ロングブーツはブーツキーパーを入れておくと独立してくれるのでブーツがへたるのを防ぐこともできます。

このようにブーツキーパーはブーツをトラブルから守ってくれるため、とても魅力的なアイテムですよね。

デザインが可愛いのも多いのでよく履くブーツに入れて玄関に置いているだけでも気分が変わりますよね!

〈汚れ落としブラシ〉

靴専用の汚れ落としブラシが100均で手に入るのはお得ですよね。

色んなタイプのものがあるのでお気に入りのブーツの汚れを落とすのにぴったりなものを選んでくださいね。

ブーツを下駄箱に保管するとホコリがついたり1日履いただけでも意外と汚れているものです。

ブラッシングはそんな汚れをしっかり落とす効果があります。

クリーナーを使って磨くのも大事ですが、その都度汚れを落とすことが大切なんです。

〈靴磨きクリーナ〉

素人でも簡単に使えるクリーナです。靴の汚れを落としてツヤを出す効果があります。

ふき取りタイプのものもあるのでとても簡単です。

〈防水スプレー〉

防水スプレーには防汚性の成分も含まれているものが多く、靴の汚れ防止効果があります。


100均以外で販売されているものには靴専用がありますが、100均には靴専用のものはありません

100均の防水スプレーを使う場合はどんな素材やアイテムに使えるかを確認してから使用することをオススメいたします。

脱臭剤や乾燥剤が乱雑になることありませんか?

こちらのシューズバックは脱臭剤のポケットがついています。

ポケットがあることで、ブーツをサッと収納することができますね。

ブーツの収納前のお手入れ方法について紹介

ブーツを収納する前に何よりも大切なことがお手入れをしておくことです。

ブーツ収納前のお手入れ方法
  1. 綺麗にブーツの表面の汚れを落とす
  2. 除菌スプレーをして乾燥させる
  3. 専用クリームなどを塗って磨く
  4. ぬれタオルを使って拭き取る
  5. 仕上げはしっかり乾燥させる

ここからは、「ブーツ収納前のお手入れ方法」をご紹介いたします。

<1.綺麗にブーツの表面の汚れを落とす>

雨の汚れや土ほこりなどがついていると高温多湿の格好の餌になり、カビの原因になります。

おおまかな汚れを落とした後は専用ブラシ、もしくは新聞紙を使って汚れを落とすことができます。

新聞紙を使うとインクがワックスの代わりになってツヤが出るのでオススメ!

しかし、力を入れすぎるとキズをつけてしまう可能性があるので注意が必要です。

専用ブラシも100均で買えるのでひとつ持っていればいいかもしれませんね。

<2.除菌スプレーをして乾燥させる>

靴の中や表面には汗や雨汚れなどしみている場合があります。

ブーツの中と表面に除菌スプレーをして自然乾燥でしっかり乾かしましょう。

<3.専用クリームなどを塗って磨く>

以前使用した、お手入れ用の古いクリームが残っていたり、しつこい汚れが付いていたりする場合

乾いた布に専用のクリーナーを付け、拭いて取り除きましょう。

(汚れがほとんど付いていない場合はこの作業を飛ばしても大丈夫です。)

<4.ぬれタオルを使って拭き取る>

水でぬらしたタオルを軽く絞り、靴の中から順番に、表面まで水拭きをします。

ブーツの中のつま先部分は手が届かないので割り箸にタオルを巻きつけたものだと簡単に届きます。

先端を拭きとることで皮脂汚れやホコリなどを除去できます。

<5.仕上げはしっかり乾燥させる>

最後にしっかり乾燥をさせましょう。風通しの良い日陰で乾かしましょう。

素材によっては、日焼け・色落ち・素材劣化が生じることがあります。

くれぐれも、早く乾かしたいからとドライヤーやファンヒーターの温風には当てないで下さいね。

革が縮んだり硬くなったりする恐れがあるので注意しましょう。

必要であれば最後に防水スプレーをさっとひとふりで完璧ですね。

ブーツを収納する前には必ずお手入れをしましょう。簡単5ステップを是非ご活用ください。

まとめ

  • ブーツは高温多湿に弱いのでブーツの収納は夏が来る前にお手入れを済ませる。
  • ブーツの保管場所を考えて出来るだけ湿度に敏感になろう。
  • 100均のアイテムで収納スペースを倍にしちゃうのはアイディア次第。
  • ブーツのお手入れに必要なアイテムは100均でも十分。
  • ブーツのお手入れ方法は知って損なし!翌シーズンも使えるためにはお手入れが大事。

ブーツ収納を夏の高温多湿の時期に適当にしたことで翌シーズンにお気に入りのブーツがカビだらけに…なんて想像しただけでもゾッとしますよね。

正しいお手入れ方法と保管方法を知り、ブーツの収納を夏前に終わらせることでお気に入りのブーツを長く履き続けましょう。

シューズバックに入れたけれど、どのシューズがどのバックか分からない」ということはありませんか?

こちらは、透明部分がありますのですぐに履きたいブーツが見つかります。

しかも2足セットなので、「片方だけが見つからない」ということもありません。

タイトルとURLをコピーしました